MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 社大案内 > 大学概要 > 教員紹介 > 教員紹介

教員紹介

名前 木戸 宜子 Kido Noriko
所属学科 専門職大学院
職名 准教授

メッセージ

社会福祉情勢がめまぐるしく変化する中で、地域を基盤としてソーシャルワーク実践をとらえること、またソーシャルワーク実践の効果性や専門性を示すことが求められています。ソーシャルワーク実践の専門性を高めるために、実践の根拠としてソーシャルワーク理論・アプローチを重視しています。実践内容を的確に言語化する力を高め、客観的に分析・考察する視点を養っていきたいと思います。

主な指導分野・研究領域

主な著書・論文等の名称

タイトル等 出版 発行 備考
コミュニティソーシャルワークの理論と実践 中央法規出版 2015 共著

ソーシャルワーク実践へのいざない2

-実践を深める相談援助演習-

日本医療企画

 

2012 共著

病院退院計画から地域ケアへの展開に向けて

-医療と福祉をつなぐソーシャルワークの役割-

社会保険研究所

 

2011 単著
対人援助・生活相談サポートブック 中央法規出版 2008 共著
日本のソーシャルワーク研究・教育・実践の60年 相川書房 2007 共著

略歴

1989年 日本社会事業大学卒業。社会福祉士。1990年 国立療養所東京病院ソーシャルワーカーとして勤務。2002年 日本社会事業学校研究科専任教員。2003年 日本社会事業大学大学院博士後期課程修了、博士(社会福祉学)。2004年 日本社会事業大学専門職大学院助教授。

社会的活動等

埼玉県社会福祉審議会委員(2010~2014)

岩手県社会福祉協議会コミュニティソーシャルワーク研修講師(2010~)



ページのトップへ戻る