MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 社大案内 > 理念・特徴 > 学長メッセージ

学長メッセージ

神野学長

学長 神野 直彦

「悲しみ」を「幸せ」に
社会福祉の研究・教育のリーダー校として

 日本社会事業大学は「悲しみ」を「幸せ」に変えることを使命として誕生しました。というのも、日本の社会が悲惨に苦しんでいた第二次大戦直後の1946年に、国民の「悲しみ」を「幸せ」に変えることを使命として、日本社会事業大学は政府からの委託を受けて、社会福祉・ソーシャルワークの専門教育機関として創立されたからです。

 日本社会事業大学の誇りは、単に日本で最も古い社会福祉の専門大学であるということにとどまりません。政府から委託された大学としての使命を果し、日本の社会福祉をリードした人材を養成してきたことにあります。

 しかし、現代社会が複雑化するにつれ、新たな社会問題が生まれ、社会の「悲しみ」は深刻化するばかりです。それは「悲しみ」を「幸せ」に変えるために、指導的な福祉人材を養成するという日本社会事業大学の使命が大きくなるばかりだということを意味しています。

 こうした使命を果すために、日本社会事業大学は社会福祉学部に加え、大学院として社会福祉学研究科および日本で初めての福祉専門職大学院である福祉マネジメント研究科を設置するとともに、通信教育科を設けて、社会福祉の専門大学としての研究・教育体制を整えています。「悲しみ」にくれる人々に温かい手を差し伸べたいと志す多くの皆さんが、本学で学び合い、社会福祉の第一線で活躍し、多くの人々に「幸せ」を届けていただくことを願っています。

 

日本社会事業大学
学 長 神野 直彦



ページのトップへ戻る