MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 社大案内 > 取り組み・計画 > 日本社会事業大学のGP > 大学教育・学生支援推進事業【テーマA】採択事業 > 過去の活動報告・成果

過去の活動報告・成果

『ことばのバリアフリーを目ざして』 ~高度なコミュニケーション能力を福祉教育に活かす~ 
過去の活動報告や成果を掲載しています。

2009年度

2009年10月 本取組のプロジェクトを実行するため『学部GP委員会』が発足しました。
2009年10月 ベンチマークの設定とプログラムの目標を明確にしました。
2010年度の講義要綱(シラバス)作成について(科目担当教員向け)
2010年11月~3月 ティーチング・アシスタント(TA)を臨時募集し、大学院博士後期課程の学生1名を採用しました。
TAは『e-ポートフォリオシステム』稼働準備のためのコンピュータ教室PC環境の最適化やシステム利用の手引きを作成しました。
2010年11月~3月 専門家アドバイザーを招聘し、ベンチマークの検証、教授内容及び教授法の明確化、社会福祉実習報告集等を参考に「コミュニケーション検定試験」のあり方を検討しました。
2010年2月3日 取組を紹介するポスターを作成し広報しました。PDFファイル(956KB)
2010年3月 教学C棟5Fに『コミュニケーションブース』を開設しました。
2010年3月 『e-ポートフォリオシステム』を開発し稼働の準備ができました。
2010年3月 講師控室にPCとオープンカウンターを設置し、教員が積極的に『e-ポートフォリオシステム』に触れ
  活用する機会を提供しました。

『e-ポートフォリオシステム』とは

ページのトップへ戻る

2010年度

2010年4月 コミュニケーション力養成に視点を当ててベンチマークを意識した科目設定をシラバス上で行いました。
2010年4月~ 研究会を定例開催し、専門家アドバイザーを招聘し「コミュニケーション検定試験」の問題や教授法開発に着手しました。
2010年4月 2009年度の実績報告書を作成し文部科学省へ提出しました。
2010年5月・10月2011年1月 「アカデミック・プランニングⅠ」のアカデミック・アドバイス週間で個別面接によりコミュニケーションの問題点を発見し、学生とともにチェックしてみる試みを実行しました。
2010年4月~ TAを募集し大学院博士前期課程の学生1名と博士後期課程の学生1名を採用し、『コミュニケーションブース』を利用した学生自らにコミュニケーションの課題を持参させ相談にあたりました。
2010年4月~ 『e-ポートフォリオシステム』が稼働し、学生は学内外の諸活動を記録しはじめました。
2010年7月~9月 2010年度「コミュニケーション検定〔筆記編〕」を実施し、データを様々な角度から閲覧できるようまとめました。

【実施結果】
受験者541名 受験率63.34% 平均点107.12点(満点は138点)
2011年3月 『e-ポートフォリオシステム』の課題を検証し、「e-ラーニングポートフォリオ」は就業力アップ・読書マラソン等の企画と連動させ、学生の記録が楽しくなるデザインに生まれ変わりました。

ページのトップへ戻る

2011年度

  TAを募集し大学院博士後期課程の学生1名採用し、『コミュニケーションブース』での相談・教材開発を実施しています。
2011年4月1日 2011年度(取組最終年度)の実施計画をまとめました。PDFファイル(97KB)
2011年4月 2010年度の実績報告書を作成し文部科学省へ提出しました
2011年5月14日
2011年5月21
プロのキャリアカウンセラーによるアカデミック・アドバイス
「コミュニケーション検定(実践編)」の面接の実施についてPDFファイル(1111KB)
2011年5月 「e-ティーチング・ポートフォリオシステム」を全教員が利用し『教育・研究業績リスト』を作成しました。
2011年5月

キャリアカウンセラーと児童劇団ピッポの協力により「コミュニケーション動画」の撮影が完了しました。
「コミュニケーション動画」とは、コミュニケーションが成立する場面を分かりやすくSKIT(寸劇)にまとめたものです。

(作成した動画の種類)
(1)大学の先生との会話-その1
(2)大学の先生との会話-その2
(3)キャリアカウンセラーとの会話-その1
(4)キャリアカウンセラーとの会話-その2

2011年6月 2011年度「コミュニケーション検定〔実践編〕」を実施しました。
→実施結果は現在集計中です。
2011年7月29日(金) ワークショップを開催しました。
WorkShopチラシPDFファイル(451KB)
2011年10月29日(土) 公開シンポジウムを開催しました。
シンポジウムチラシ PDFファイル(965KB) ※大学際と同時開催。
実施結果についてPDFファイル(129KB)  ※ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
2012年3月 シンポジウムでの公開映像『コミュニケーション力の可視化の試み』Webダイジェスト版が完成しました。
2012年3月 「ことばのバリアフリーを目ざして_事業報告書[平成21~23年度]」を刊行しました、
2012年3月 「コミュニケーションの力を伸ばすアドバイス」(教科書)を刊行しました。
2012年3月 事業報告書、教科書、DVDを全国の特別支援学校と福祉系大学(日本社会福祉教育学校連盟正会員)へ送りました。

ページのトップへ戻る

2012年度 *財政支援後の取組継続

2012年4月 2011年度の実績報告書を作成し文部科学省へ提出しました。
2012年5月 実績結果報告書等を作成し日本学術振興会へ提出しました。
2012年5月 「コミュニケーションの力を伸ばすアドバイス」(教科書)を学部生全員へ配布しました。

このページは大学教務課 が担当しています



ページのトップへ戻る