MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 社大案内 > 取り組み・計画 > 関係機関・団体との連携協力

関係機関・団体との連携協力

埼玉県との協定

本学では、少子・高齢社会、地方分権及びグローバル化した社会に対応した福祉の一層の向上を図るため、埼玉県と事業連携を進めることとなり、2007年11月9日埼玉県庁にて協定書の調印を行いました。

協定書の概要(2007.11.7)

基本協定書の具体的な連携事例
  (1) 共同研究・共同調査の実施
    (例:道州制における福祉政策のあり方の研究、団塊世代の現状と福祉領域での活動促進)


  (2) 市町村における大学との連携の援助・促進
    (例:福祉関係計画策定への支援、市町村セミナー等への講師派遣)

  (3) NPO 活動や商店街等の活性化支援
    (例: NPO 団体等への活動支援のために学生を派遣)

  (4) グローバル化(社会福祉の国際化)への対応 
     (例:韓国、中国等の社会福祉関係者との相互研修、国際セミナーの開催)

  (5) 福祉人材の養成・資質の向上
     (例:本学専門職大学院への県職員等の派遣、研修、学生のインターシップの県機関等への受け入れ)

 

清瀬市と市内3大学との連携に関する協定

清瀬市と日本社会事業大学、明治薬科大学、国立看護大学校は、包括的な連携のもと、相互の資源を活用し、福祉、健康、教育、環境、防災、その他の分野において個性豊かで活力に満ちた地域社会づくりを目指すことを目的に、2014年3月10日に清瀬市役所にて協定書の締結式を行いました。

連携内容

  1. 地域貢献及び地域活性化に関すること
  2. 地域住民の健康と福祉の向上に関すること
  3. 調査・研究のための情報提供の推進に関すること
  4. 各大学が実施する事業に関する情報共有に関すること
  5. 各機関が所有する知的資源、人的資源及び物的資源の活用に関すること
  6. 地域住民の健康及び福祉の向上に向けた政策研究に関すること
  7. その他、目的を達成するために必要と認める事項


三大学包括連携協定

 東京都清瀬市内にキャンパスが所在する明治薬科大学と国立看護大学校ならびに日本社会事業大学は、教育・研究・社会貢献および産学官連携活動に必要な情報の共有を図ると共に相互に連携協力することで、協定大学ならびに地域社会の活性化・発展に寄与することを目的に包括連携協定を結ぶことになりました。

 平成26年5月21日(水)、明治薬科大学清瀬キャンパスにて三大学による包括連携協定調印式が行われました。本協定は、教育、研究交流、地域貢献、産学官連携等の各分野において、協定大学それぞれの特色を活かし、これからの医療および保健・福祉分野の人材育成や社会貢献活動に役立てるものです。

連携内容

  1. 教育: 教育内容の向上を目指した教員相互派遣並びに教育施設の相互利用。
  2. 研究交流: 文理融合共同研究の実施。其の後の事業として、明治薬科大学が設置する附属薬局を活かした、協同しての地域医療及び地域保健・福祉の研究、並びに、在宅医療・在宅看護等の研究。
  3. 地域貢献: 当面の事業として、地域住民向けの共同での市民講座の実施。其の後の事業として、研究交流の成果を生かした地域医療及び地域保健・福祉への貢献。
  4. 産学官連携活動: 医療及び保健・福祉に関連した産学官連携活動に必要な情報の共有。
  5. その他: 本協定の目的達成のため必要な分野

ページのトップへ戻る

このページは総務課が担当しています



ページのトップへ戻る