MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 入学案内 > 学部入試 > 大学3年次編入学試験要項

大学3年次編入学試験要項

2018(平成30)年度 大学3年次編入学試験要項

資料請求

願書・資料請求はこちら

募集人員

社会福祉学部

福祉計画学科 定員 10名 一般 3名
推薦 3名
社会人 4名
福祉援助学科 定員 10名 一般 3名
推薦 3名
社会人 4名

一般入試

試験科目 小論文、面接
受験資格 次の1~5のいずれか一つに該当する者。
  1. 短期大学以上を卒業した者及び2018年3月までに卒業見込みの者
  2. 4年制大学で2年以上在学し62単位以上取得した者及び2018年3月までに取得見込みの者
  3. 高等専門学校を卒業した者及び2018年3月までに卒業見込みの者
  4. 専修学校の福祉、保健、医療及び教育系専門課程のうち、修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専門課程を修了し、専門士の称号を付与された者及び2018年3月までに付与される見込みの者(学校教育法第90条に規定する大学入学資格を有する者に限る。)
  5. 本大学において、短期大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

ページのトップへ戻る

 

社会人入試

試験科目 小論文、面接
受験資格 次の1~5のいずれか一つに該当する者。
  1. 短期大学以上を卒業した者及び2018年3月までに卒業見込みの者で、職業資格Ⅰ~Ⅲのいずれか一つを有する者
  2. 4年制大学で2年以上在学し62単位以上取得した者及び2018年3月までに取得見込みの者で、職業資格Ⅰ~Ⅲのいずれか一つを有する者
  3. 高等専門学校を卒業した者及び2018年3月までに卒業見込みの者で、職業資格Ⅰ~Ⅲのいずれか一つを有する者
  4. 専修学校の福祉、保健、医療及び教育系専門課程のうち、修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専門課程を修了し、専門士の称号を付与された者及び2018年3月までに付与される見込みの者(学校教育法第90条に規定する大学入学資格を有する者に限る。)で、職業資格Ⅰ~Ⅲのいずれか一つを有する者
  5. 本大学において、上記1~4と同等以上の学力及び職業経験があると認めた者

職業資格(職業経験)

I 一般社会人   職員(社員)として過去に経験が4年以上
II 福祉関係職(※1) 職員として過去に経験が2年以上
III 保健・医療・教育関係職
(※2)
保健・医療・教育に係る国家資格(※3)を要する職員として過去に経験が2年以上

(※1)福祉関係職の範囲

  1. 社会福祉法第2条に定める社会福祉事業に関する施設・機関等での業務に従事している者
  2. 社会福祉法、介護保険法及び障害者自立支援法に定める施設・機関等での業務に従事している者
  3. 更生保護事業法に定める施設・機関等での業務に従事している者
  4. 学校教育及び社会教育に関する業務で福祉教育・障害児者教育に従事している者
  5. 特定非営利活動法人(社会福祉関係)において業務に従事している者
  6. その他社会福祉に関連した業務に従事したと本学において認めた者

(※2)保健・医療・教育関係職の範囲

  1. 医療法、地域保健法及び介護保険法に定める施設・機関等において福祉・医療・保健サービスに関わる業務に従事している者
  2. 学校教育法に定める学校において教育に従事している者
  3. その他保健・医療に関連した業務に従事したと本学において認めた者

(※3)保健・医療・教育に係る国家資格

医師、歯科医師、獣医師、薬剤師、看護師、保健師、助産師、診療放射線技師、臨床検査技師、栄養士、管理栄養士、救命救急士、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、臨床工学技士、歯科衛生士、歯科技工士、義肢装具士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、教諭

ページのトップへ戻る

推薦入試

試験科目 小論文、面接
受験資格 短期大学で福祉・保健・保育等の学科に在学し、社会福祉への関心・意欲がある者で、次の1と2に該当する者
  1. 2018年3月に短期大学を卒業見込みの者
  2. 「成績上位」の者で、かつ、短期大学長の推薦が得られる者
Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

このページは入試広報課が担当しています



ページのトップへ戻る