MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 図書館・附属施設 > 大学附属 図書館 > 日本社会事業大学附属図書館について

日本社会事業大学附属図書館について

大学附属図書館 (社会事業図書館)

本学図書館は、中央社会事業協会(現在の全国社会福祉協議会)が1934年(昭和9)に設置した「社会事業研究所図書室」の蔵書を引き継いで開設し、大学附属図書館として教員・学生の教育・学習・研究に資する図書資料の整備拡充に努めています。そのため、戦前の貴重な図書・資料とともに、戦後の社会福祉の重要な図書・資料も豊富に所蔵しています。現在蔵書数は25万点に達しています。

また、「社会事業図書館」として専門図書館の顔も持っていますので、「大学附属図書館」と有機的に運営し、福祉関係の研究等で本学の資料を利用されたい一般の方に開放しています。

書庫

武蔵野の面影を残す雑木林を間近に、ガラス張りの明るい閲覧室は車いす用閲覧席を備え、閉館後24時まで利用できる夜間閲覧室(学習室)があります。

 

戦前・戦後の
貴重な福祉関係資料を所蔵・公開

子ども福祉図書館

図書館1階に子ども福祉図書館を併設しています。子どもたちに、幼い頃から社会福祉に興味を持ってもらうことを目的に平成16(2004)年に開設しました。
保護者の方向けの図書も用意しておりますので、ぜひご利用ください。

このページは図書館事務室が担当しています



ページのトップへ戻る