MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 社会福祉学部 > 福祉援助学科 > 福祉援助学科で取得できる資格

福祉援助学科で取得できる資格

卒業時に取得できる資格

※「任用資格」とは、保持しているだけでは資格として活かされず、公務員などで採用されその資格を必要とする業務に就いたときに活かされる資格です。

社会福祉士

【国家試験受験資格/全員が取得】

身体や精神上の障がいあるいは環境上の理由などにより、日常生活を営むことに支障がある人や社会生活上の困難を抱えている人に対し、福祉に関する相談や援助を行う専門職のための資格で、一度取得すれば生涯有効です。最近ではソーシャルワーカーの採用の必須条件にされることも多くなっています。たとえば、医療ソーシャルワーカー(MSW)や社会福祉協議会の活動専門員については、社会福祉士の資格を求められることが多くなっています。また、社会福祉協議会の権利擁護や成年後見の事業において、社会福祉士の職域が急速に広がっています。

社会福祉学部では、卒業と同時に国家試験受験資格が得られます。

社会福祉主事

【任用資格】

援助や保護を必要としている人に対し、法律上の制度が利用できるよう、手続きや相談業務を行います。都道府県や市町村の福祉事務所で業務に就く際に要件となる任用資格ですが、民間の社会福祉施設で生活指導員として活躍するケースもあります。

社会福祉学部を卒業と同時に資格が得られます。

身体障害者福祉司

【任用資格】

福祉事務所や福祉課で身体に障がいのある方の福祉に関わる相談や調査などを行います。各都道府県では、身体障がい者更生相談所に身体障害者福祉司を置くことが定められており、各行政機関の福祉関連部署に配属されて初めて効力が生じます。

社会福祉学部を卒業と同時に資格が得られます。

知的障害者福祉司

【任用資格】

福祉事務所において、知的障がいのある方が抱える生活上や就労上の困難など、福祉に関する相談に応じる仕事です。専門的技術に基づき、日常生活の指導なども行います。各都道府県では、知的障がい者更生相談所に知的障害者福祉司を配置することが定められています。

社会福祉学部を卒業と同時に資格が得られます。

児童指導員

【任用資格】

児童養護施設や障がい児施設に配置されている児童指導員として採用される際に要件となる資格。何らかの事情で親元を離れて暮らす子どもを預ける児童養護施設、または知的障がいや身体障がいのある子どものための障がい児施設で、直接子どもに接して日常生活や学習のサポートをします。

社会福祉学部を卒業と同時に資格が得られます。

資格課程登録で取得できる資格

精神保健福祉士

【国家試験受験資格/定員20名/両学科より3年次に課程登録】

精神障害のある方の社会復帰の相談援助を行うための資格。退院後の住居や再就労についての助言をはじめ、金銭の自己管理など、日常生活に必要な訓練、家庭や職場との連絡調整や手続きなどを行います。

社会福祉学部では、精神保健福祉士課程に登録し、必要な科目を修得することにより、卒業と同時に国家試験受験資格が得られます。

保育士

【定員50名/福祉援助学科で1年次に「保育士課程」を登録】

子どもの保育とその指導・援助を行うための国家資格です。保育所だけでなく、乳児院、児童養護施設、各種の障がい児施設などでも求められることが多い資格です。最近では働く親の増加により、民間のサービス施設や託児施設などでも有資格者が求められています。

介護福祉士

【国家試験受験資格/定員25名/福祉援助学科で1年次に「介護福祉士コース」を登録】

高齢や身体または精神の障がいにより日常生活に支障がある人に、心身の状況に応じた介護を行い、その人及びその介護者に介護の指導を行います。高齢者施設や障がい者施設などの介護専門職員をはじめ、在宅高齢者への介護サービス職員にも強く求められる資格です。

2007年には、介護や福祉に対するニーズが多様化・高度化したことにより「社会福祉士及び介護福祉士法」が改正となりました。介護福祉士についても、「今までの身体介護にとどまらず、認知症等の専門的知識、人間や社会に対する深い理解をもって、心身の状況に応じた介護等を行うことを業とする者」と定義がなされました。人と向き合い信頼関係を築き、その人に必要な介護を最適な方法で行えるように考える力を身につけます。

児童ソーシャルワーク課程(修了認定)

【定員50名/福祉援助学科で2年次に課程登録】

不登校、家庭内暴力、非行など、問題を抱える子どもとその家族を専門的に援助できる子ども・家庭ソーシャルワーカーを育成する本学独自の課程です。子どもを社会的、心理学的観点から理解する科目や、子どもとの関わりを中心とした実習及び演習が組み込まれています。

高等学校教諭一種免許状(福祉)

【定員50名/両学科より、2年次に課程登録】

福祉の教育にあたる高校教員のための免許です。普通及び総合高校の選択授業、専門高校福祉科での授業を担当します。社会福祉の理念・意義に対する理解を深め、福祉の増進に貢献できる創造的な能力を育てることを目指します。

福祉計画学科で認定を受けている高等学校一種免許状(福祉)基礎資格として登録・履修することにより、特別支援学校教諭一種免許状(聴覚障害者)も取得することができます。

特別支援学校教諭一種免許状(聴覚障害者)

【定員20名/両学科より、3年次に課程登録】

特別支援学校教員資格です。かつての養護学校・ろう学校・盲学校は、特別支援学校に統合されました。肢体・知的・聴覚・視覚・病弱のいずれかを専攻分野とすることが必要で、本学では日本初の日本手話を中心に据えた「特別支援(聴覚)」の免許が取得できますが、教員になればすべての障がいのある子どもを教えることになります。

福祉計画学科で認定を受けている高等学校一種免許状(福祉)を基礎資格として登録・履修することにより、特別支援学校教諭一種免許状(聴覚障害者)を取得することができます。なお、編入生で短大などで小学校・中学校・高等学校または幼稚園教諭免許などの基礎免許を取得済みの方は登録が可能です。

認定スクールソーシャルワーク(教育課程指定科目)

【定員20名/両学科より4年次に課程登録】

学齢期の子どもが抱える問題に特化したソーシャルワーカーを養成する課程。学校内や関係機関と連携しながら子どもの自立を援助します。

社会教育主事

【任用資格/定員なし/両学科より2年次に課程登録】

都道府県及び市区町村の教育委員会の事務局などで働く専門的な職員で、地域の社会教育事業に携わります。この課程を修めて卒業したのち、社会教育主事補として1年以上の勤務が必要です。



ページのトップへ戻る