MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 社会福祉学部 > 福祉援助学科 > ゼミの紹介

ゼミの紹介

e-zemi


少人数・個別教育を重視した本学では演習(ゼミナール)も充実。1年次から4年次まで各学年に演習科目を配置しています。1年次には基礎的な学習から福祉専門職への導入として「教養基礎演習」を、2・3年次には援助に必要な基礎的な技術の演習や実際の事例の検討を行う「相談援助演習」を展開。そして、3・4年次には、テーマに応じて教員がより専門的な指導を行い、それぞれの卒業研究で個別指導へ進む「専門演習」が必修となっています。

「ポートフォリオ」を用いたアカデミックプランニング

~1年生から始まる「自分さがし」4年間を実りあるものに~

本学では、「e-ラーニング・ポートフォリオ」を活用して、自分の学習や生活上の目標を立てるとともに、日々の活動を記入する取り組みを行っています。 学習に関すること、実習に関すること、その他、学生生活や就職活動に関することを記録し、振り返ることで社大ライフを実りあるものにします。時には目標を達成できずに悩むことがあるかもしれません。そのような時のため、専任教員がアカデミックアドバイザーとなって学生一人ひとりをサポートします。

専門演習テーマ(2017年度)

保健福祉コース

大島 巌

当事者の思いを実現する効果的ソーシャルワーク実践(EBPなど)、あるいは、精神保健福祉分野の

効果的な実践の探求

小原 眞知子 保健医療と連携したソーシャルワーク研究
蒲生 俊宏 障害のある人たちと生活、支援
斉藤 くるみ コミュニケーションを通して、多様性、国際性とマイノリティーの権利を考える
大野 ロベルト 文学を中心とする芸術と福祉の諸課題

子ども・家庭福祉コース

金子 恵美 子ども家庭支援
藤岡 孝志 子ども家庭福祉領域の様々な分野について、実践的な援助技術の演習
有村 大士 子ども家庭福祉を中心としたソーシャルワーク研究
内田 宏明 スクールソーシャルワーク、学校福祉、子どもの権利
木村 容子 個人・集団・地域等の探究とソーシャルワーク実践につなげる研究
相原 朋枝 アートと福祉、身体とコミュニケーション

介護福祉コース

小田 美季 障害者福祉領域における障害者観、制度・施策、当事者参加型活動について掘り下げる
下垣 光 老いとは何かを考える、深める
壬生 尚美 介護福祉領域における実践課題-施設ケアの歴史的変遷、現状と今後の方向性について探究-
森 千佐子 高齢者・介護者支援に関する課題を中心に、掘り下げて考察する

福祉援助学科の卒業研究題目例(2016年度)

保健福祉コース

自閉症のある利用者の就労支援~就労課題から就労へ繋げるために~

中年期・壮年期のがん患者の就労支援に関わる医療ソーシャルワーカー

在宅で生活する知的障害者の支援-­親亡き後に向けたきょうだい支援に着目してー

聴覚障害者と健常者の考え方の違いについて­-聴覚障害が感じる障壁-

過疎地域の在宅高齢者福祉における情報通信システムの活用

 

子ども・家庭福祉コース

共働き家庭と専業主婦家庭の子育ての現状と支援の比較研究

社会的養護当事者の自立支援に関する研究~当事者の「声なき声」に焦点を当てて~

あきらめ傾向のある子どもへの効果的な関わりについて

スクールソーシャルワーカーによる児童生徒への支援のあり方について

コミュニティダンスに関する研究-­共生社会の実現に向けて-­

 

介護福祉コース

認知症高齢者が地域で安心して生活するためには

地域包括ケアシステムにおける他職種連携の重要性から介護福祉士の役割を考える

認知症フレンドリーコミュニティに関する一考察

老人福祉施設におけるレクリエーションについて-­職員の視点から-

介護福祉を進路に選ぶことの賛否



ページのトップへ戻る