MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 社会福祉学部 > 福祉計画学科 > ゼミの紹介

ゼミの紹介

福祉計画学科のゼミ

ゼミは、毎週”白熱のディスカッション”


少人数・個別教育を重視した本学では演習(ゼミナール)も充実。1年次から4年次まで各学年に演習科目を配置しています。1年次には基礎的な学習から福祉専門職への導入として「教養基礎演習」を、2・3年次には援助に必要な基礎的な技術の演習や実際の事例の検討を行う「相談援助演習」を展開。そして、3・4年次には、テーマに応じて教員がより専門的な指導を行い、それぞれの卒業研究で個別指導へ進む「専門演習」が必修となっています。

「ポートフォリオ」を用いたアカデミックプランニング  

~1年生から始まる「自分さがし」4年間を実りあるものに~

本学では、「e-ラーニング・ポートフォリオ」を活用して、自分の学習や生活上の目標を立てるとともに、日々の活動を記入する取り組みを行っています。 学習に関すること、実習に関すること、その他、学生生活や就職活動に関することを記録し、振り返ることで社大ライフを実りあるものにします。時には目標を達成できずに悩むことがあるかもしれません。そのような時のため、専任教員がアカデミックアドバイザーとなって学生一人ひとりをサポートします。

専門演習テーマ(2017年度)

福祉経営コース

衣笠 秀一 社会保障の制度・政策と現状
後藤 隆 「コトバで書かれたデータ」(非定型テキストデータ)に注目し、その客観的な分析技法を学習する
贄川 信幸 福祉ニーズの評価と課題解決のための施策,その改善のためのアプローチ(政策評価,社会開発)
村田 文世 社会福祉を担う多様な供給主体(組織)と公私協働

地域福祉コース

菊池 いづみ 自治体の策定した福祉計画をもとに地域の福祉課題を検討し、各自の問題関心の対象を明確にする
田村 真広 地域サロンとしての子ども食堂;学校と地域を結ぶ福祉教育実践者
辻 浩 青年のソーシャルインクルージョンに関する総合的研究
梶原 洋生 社会福祉と法、司法福祉
菱沼 幹男 地域生活支援のあり方とコミュニティソーシャルワークに関する研究

福祉計画学科の卒業研究題目例(2016年度)

福祉経営コース

高齢者のうつ予防に関する一考察~生きがいづくり支援に着目して~

障害者の雇用の安定のために~離職率の改善に向けて~

ソーシャルワーカーの貧困における世代間連鎖の捉え方と支援策-文化資本を基礎にして-

母子・父子自立支援プログラム策定事業における課題-A市の取り組みを通じて-

介護人材確保に向けた取り組み

地域福祉コース

認知症者が地域で生きがいをもって暮らすには~社会的役割の視点から~

18・19歳非行少年の現状と課題-少年法適用年齢は引き下げるべきか-

生活困窮者支援のソーシャルワーク-生活保障と自立支援の一体的提供を中心に-

若者の居場所づくりに関する研究-アウトリーチによる実践に学んで-

防災活動を通した地域コミュニティの形成・強化に関する一考察

女性の貧困~シングルマザーに対する支援のあり方~



ページのトップへ戻る