ホーム > 教育プログラム > 社会福祉学部 > 学部長メッセージ

学部長メッセージ

社会福祉学部長

社会福祉学部長
菊池 いづみ

社会福祉学部の教育

 日本社会事業大学は、日本で唯一、社会事業(Social Work)を学校名にかかげる伝統校として、社会福祉学部では、福祉リーダーとなるソーシャルワーカーの養成教育にあたってきました。「忘我の愛と智の灯」と校歌にも謳われているように、今日まで、変わることなく受け継がれてきた建学の精神は、忘我友愛、窮理躬行、平和共生を体現できる指導的福祉人材の養成教育です。

 かつてどこの国も経験したことのない少子高齢社会の到来により、人びとの生活を取り巻く環境が大きく変化するなかで、ソーシャルワーカーに対する期待が高まっています。なぜなら、ソーシャルワーカーは、日常生活上の困難を抱える人びとの最も身近な相談相手として問題解決をはかるとともに、福祉現場を変革し、よりよい社会を創造するための働きかけを使命とする社会福祉専門職だからです。
 こうした社会的要請や期待に応えるために、社会福祉学部では、ソーシャルワーク実践に求められる基礎的のみならず先進的な知識、技術、そして多様性を尊重する価値観を培うとともに、課題解決力を磨くことをねらいとしています。社会福祉学は、人びとの福祉向上を目指す規範科学であると同時に、設計科学として、ソーシャルワーク実践に、そして、社会に役立つ学問といえるからです。

 また、福祉教育のモデル校として、社会福祉学を体系的に学ぶことを通して、学部生全員がソーシャルワーカーの国家資格である「社会福祉士」の受験資格を取得します。相談援助演習や実習では、少人数のクラスで学んだ後、さまざまな施設や機関での現場体験を通して、実践力を高めることに力を入れています。それとともに、将来、幅広い領域で専門性が発揮できるよう、ソーシャルワーカーのもうひとつの国家資格である「精神保健福祉士」、あるいは、ケアワーカーの国家資格である「介護福祉士」や「保育士」の取得などの道も開かれています。
 福祉問題が複雑・多様化、深刻化するなかで、「地域共生社会」の実現に資する分野を問わない横断的な支援のできる専門職が求められています。本学部では、早くからそうした複合的課題に対応できる人材養成を実現しているといってよいでしょう。
 
 こうして巣立った卒業生たちは、さまざまな福祉関連現場の第一線で活躍しています。近年は、学校教育や司法などの領域でも活躍の場がひろがっています。また、全国各地の都道府県や市町村では、公務員として自治体の福祉サービスや地域のネットワークづくりなどの一翼を担っています。さらには、教育研究者として、社会福祉実践に貢献する道を志す学生は、本学の大学院社会福祉学研究科に進学しています。
 福祉に熱意のある多くのみなさんが、本学で共に学び、福祉リーダーとして自己実現を果たすことを通して、幸せな社会の実現につながることを願っています。


社会福祉学部
学部長 菊池 いづみ



〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
COPYRIGHT © JAPAN COLLEGE OF SOCIAL WORK ALL RIGHTS RESERVED.