MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 社会福祉学部 > 学部長メッセージ

学部長メッセージ

社会福祉学部長

社会福祉学部長 下垣 光

社会福祉学部の教育

社会福祉学部は、建学の精神である忘我友愛、窮理窮行、平和共生を体現する優れたソーシャルワーカーを輩出することを目的としている学士課程であることに特徴があります。

私たちは、虐待や貧困、差別や偏見などの矛盾に満ちた社会の問題に直面しています。社会福祉学とは、これらの問題と向き合う学問です。社会福祉学は、社会福祉原論を基礎として、対人援助の直接的な方法論、医療や看護などの様々な専門職との連携、地域社会の直面している福祉課題を解決するための実践理論などを幅広く学び実践していく力量をつけていく学問です。またその基盤には、権利を侵害されている人々の立場に立ち実践する価値や倫理観がある点にも特徴があるといえます。

本学の学びの特徴は、専門的な力量の基盤として、教養教育で、人文科学、社会科学、自然科学を学び、加えて専門教育においてすべての学生が社会福祉士国家試験受験資格を取得することで、実践できる福祉人材としての基礎を身につける点にあります。特に社会福祉士の相談援助演習や実習では、少人数のクラスで学び、大学を出てさまざまな機関や施設の協力により実践力をつけることに力をいれています。さらに介護福祉士、保育士、精神保健福祉士等の2つめの資格取得が可能となる課程に入ることにより、様々な進路選択が可能になるようにカリキュラムを配置しています。

本学の卒業生は、福祉職として活躍している公務員や社会福祉協議会などの機関の職員、そして保育士や介護福祉士などの資格を活かした保育園や介護施設などの職員などの幅広く福祉の最前線で活躍しています。日本の福祉を支え、そしてより良い福祉を実現することに熱意のある人は、共に本学の社会福祉学部で学びましょう。

 

社会福祉学部
学部長 下垣 光



ページのトップへ戻る