MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 専門職大学院 > カリキュラム > 修了生インタビュー

修了生インタビュー

斉藤 耕平 さん

新たな視点や発想で、子どもや職員の現状を見直す

 一度現場から離れ、新たな視点や発想から子どもたちや職員の現状を見直すことによって、よりよい養護、また働きやすい職場づくりを考え直したいと思いました。在学時は、「児童養護施設で職員が長く働き続けられる条件とは」というテーマで研究を行いました。講義で、高齢、介護や、障がいなど他の福祉領域へ知見を広げ、ゼミでは互いの職場の状況について知り、子どもを取り巻く福祉について理解を深めました。その上で自分が働いていた現場の状況を見つめ直し、自施設に足りなかったこと、「強み」を明らかにしていきました。
 斉藤 耕平 さん 
 (2014年3月 福祉マネジメント研究科 10期修了生/
   社会福祉法人 六踏園  第二調布学園勤務)

【時間のやりくり方法】 職場の理解が不可欠
 授業を優先して予定を立て、空いた時間を仕事に当てました。そのため1年間は非常勤職に。職場の仲間が理解してくれたため、無理なく授業と仕事をやりくりできました。そして力を蓄え、常勤職に戻りました。


伊藤 文子さん

訪問看護の管理者に必要な実践とマネジメントを学ぶ

 訪問看護ステーション所長として勤務する中で、訪問看護の管理者は実践とマネジメントの両方の力が必要ではないかと思い、専門職大学院で学ぶことを決めました。専門家の先生方から、組織のマネジメントに必要な知識と理論(教育、コンプライアンス、サービス管理)について、多くのことを習得。また「訪問看護ステーションの再出発」をテーマに、訪問看護ステーションの人材育成や運営、地域との連携についての研究に取り組みました。こうした大学院での学びを特に現場でのマネジメントに活かしていきたいと考えています。 
 伊藤 文子 さん
 (2015年3月 福祉マネジメント研究科 10期修了生/
  医療法人社団 桐光会 調布訪問看護ステーション(所長)勤務)

【時間のやりくり方法】 退社後と休日を活用
 仕事と両立できるよう、退社後や休日に通学できる木曜日、金曜日の夜間と土曜日で授業を組みました。講義終了後のレポート作成は大変でしたが、ゼミの先生と仲間の支えがあったから学業を続けることができたのだと思います。

 


串田 哲也さん

職場と真摯に向かい合うことができる機会を得る

 父を理事長とする社会福祉法人に勤務し、グループホームと就労施設を管理しています。当法人入職後、職員同士が意見を交わし合う場がないことに気づき、職場づくりを学ぶために進学を決意しました。「理事長の理念をどのようにして職場に落とし込むか」をテーマに研究を深め、法人後継ぎとして職員の結束力強化や現場支援の体制づくりに注力。専門職大学院へ入学することで、職場では決して得ることができない学びや厳しい指導が受けられ、充実した1年間を過ごすことができました。
 串田 哲也 さん
 (2014年3月 福祉マネジメント研究科 10期修了生/
  社会福祉法人独歩 ドッポケアホーム宝来 
  及び どっぽジョブセンター日進(施設長)勤務)

【時間のやりくり方法】 電車の中で予習・復習
 週5日で仕事をしつつ通学していたので、電車の中でいかに勉強できるかが鍵でした。先生方からコンパクトにまとめたレジュメを配布していただけたので、電車の中でも十分勉強できました。土日もできる限り勉強や研究をしていました。
 


岸  恵子 さん

長期履修の存在を知り、自分を磨くために入学を決意

 私の仕事は、支援が必要な障がい者・高齢者の矯正施設出所後の生活環境調整であり、そのために必要な関係機関や専門職の力を集めていくことです。以前から専門職大学院で自身の専門性を高めることに関心がありパンフレットも取り寄せましたが、休職ができないため諦めていました。そこから月日が経ち、長期履修という方法があることを知り、福祉のプロとしての自分を磨くために入学を決意。臨床経験豊富な先生方から学ぶことで、自己満足的なやり方から抜け出すことができ、仕事への取り組み方が大きく変わりました。
  岸  恵子 さん
 (2013年3月 福祉マネジメント研究科  8期修了生/
  千葉県地域生活定着支援センター勤務)

【時間のやりくり方法】  学びを仕事で即実践
 仕事と大学院で学ぶことを切り離して考えずに、大学院での学びを仕事の中で実践することで、職場からの協力を得ました。また電車の中で学んだことを振り返る、講義の合間の休憩時間に食事をとるなど、空き時間を有効活用しました。


このページは大学院教務課が担当しています



ページのトップへ戻る