MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 専門職大学院 > カリキュラム

カリキュラム

 2015年度までは、高度な実践力を備えたソーシャルワーカーを養成するアドバンスソーシャルワークコースと、福祉組織の管理運営や法人経営を担う福祉ビジネスマネジメントコースの2コース制を採用していました。2016年度からはコースを一本化し、実践現場で求められている「福祉人材の育成と管理」を中核に据えたカリキュラムとして再スタートを切りました。
 自らの実践を省察することを教育の中核に置きます。質の高い福祉実践に有益な知識や理論を獲得したうえで自らの実践を振り返り、記述し、概念化し、評価し、次なる実践に結びつける、このサイクルを意図的に展開できる人材の育成をカリキュラム方針に据えています。

カリキュラムの特徴

1.高度な福祉専門職の養成

 社会福祉領域で一定のキャリアを積み重ねた人々が、高度な福祉専門職として成長するための体系的な学びの場を用意しています。認定社会福祉士制度に対応するとともに、本学独自のアドバンスソーシャルワーカー(ADSW)認定制度も整えています。
 

2.福祉人材の育成と管理に必要な知識と視点の獲得

 質の高い福祉実践を継続的に実施していくためには、自身の専門性を磨くだけでなく、チームや組織の特性を理解することや、多職種との連携が欠かせません。専門職大学院では、関連する学問領域の知見も取り入れながら、福祉人材の育成と管理に必要なカリキュラムを豊富に用意しています。
 

3.理論と価値に基づく実践の省察と変革

 自らの実践を言語化し、概念化し、評価する力を養うことによって、実践の改革と創造に近づくことができます。院生はゼミに所属し、教員やほかの院生との対話や討論を通じて、自らの実践の改革に取り組み、実践課題研究としてとりまとめます。

 

カリキュラムの構造


 

福祉基盤 福祉専門職として習得しておくべき基礎知識や共通基盤を再確認します。
分野専門 6分野から構成されます。特定分野を集中的に学ぶ、複数分野を学び視野を広げる、どちらも可能です。
実践事例研究 自らの実践、先進事例、ケースメソッドを用いて、理論と実践の統合を目指します。
福祉人材の育成と管理 人と組織の理解、ソーシャルワーク・スーパービジョン、人材育成の3分野から構成されます。チームや組織として質を高めていく手法を学びます。
実践評価 実践を言語化し、評価する力を養います。
実践研究 講義や演習で得た知識を活かしながら、自らの実践上の課題に取り組み、実践課題研究報告書としてまとめます。


 

認定社会福祉士の認証に対応

 
 2012年度から始まった認定社会福祉士制度に対応して、専門職大学院でも授業科目の一部を認定社会福祉士研修認証科目として開講しています。
 認定社会福祉士の取得にあたり、契約に基づくスーパービジョンを長期に受ける必要がありますが、本専門職大学院では、修了後も修習生制度などを活用しながら、継続的にスーパービジョンを受けられる体制作りに努めています。
 


 

認定社会福祉士制度とは

 高度な知識と卓越した技術を用いて、個別支援や他職種との連携、地域福祉の増進を行う能力を有する社会福祉士のキャリアアップを支援する仕組みとして実践力を認定する「認定制度」で、「認定社会福祉士」及び「認定上級社会福祉士」の2種があります。「社会福祉士及び介護福祉士法」の一部改正時に衆議院及び参議院で附帯決議された「専門社会福祉士及び専門介護福祉士の仕組について早急に検討を行う」に基づき実施され、制度運営、研修実施団体の認証、認定社会福祉士・認定上級社会福祉士の認定は、「認定社会福祉士認証・認定機構」が行います。
 ※詳細は、認定社会福祉士認証・認定機構ホームページ (http://www.jacsw.or.jp/ninteikikouこのリンクは別ウィンドウで開きます) をご参照ください。
 

取得方法

  1. 「認定社会福祉士研修認証科目」の受講修了証明を希望する場合は、対象科目を全回出席しないと対象となりませんので、ご注意下さい。
  2. 社会福祉士資格を有していない場合は、認定社会福祉士認定申請が行えません。認定社会福祉士認定申請を行う際には認証・認定機構が定める認定申請の要件をすべて満たしていることが必要となるため、認証・認定機構のホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます等を参照して確認してください。
  3. 科目により本学開講科目2科目で研修認証科目1科目に該当するものがありますのでご注意下さい。

 

履修形態

 仕事と学びの両立を支援するために、文京キャンパスでの平日夜間講義(木曜日、金曜日、一部水曜日)、長期履修制度(2年履修)、修習生制度などを整えています。

 1年履修の場合は、毎月1回の金曜日の午後と土曜日に演習があります。平日(木・金)の講義・演習は文京キャンパスを中心に実施します。土曜日の講義と演習は清瀬キャンパスと文京キャンパスにわかれます。日中も学びにあてることができる方は、大学院の授業を履修・聴講できます。2年履修の場合は、平日(木・金)の講義・演習は文京キャンパスを中心に実施します。土曜日の講義と演習は清瀬キャンパスと文京キャンパスにわかれます。

◇修習生制度…専門職大学院修了後、手頃な費用負担で学びを継続できる一年更新の制度です。講義の聴講、ゼミ参加などを整えています。専門職大学院修了後、一定期間、実践に集中した後に利用することも可能です。



ページのトップへ戻る