MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 専門職大学院 > 福祉マネジメント研究科 概要

福祉マネジメント研究科 概要

いまこそ、学びたいことがある

現場で働いていると、さまざまな問題にぶつかり、先が見えにくくなるときはありませんか?
ちょっと立ち止まり、ゆっくり考えたいと思うこともあるでしょう。
そんなとき、これまでの実践への関わりを振り返りながら、実践家として次のステップをめざす学びの場、それが専門職大学院です。

いま、現場の最大の悩みは、臨床実践を導いてくれるスーパーバイザーや福祉サービスの内実を理解して経営に当たるマネージャーが決定的に不足していることです。この問題を解決する道は、本専門職大学院での学びを契機として、皆さん自身が自己研鑽によって、そうしたスーパーバイザーやマネージャーの役割を担っていくことにあるでしょう。
そうした期待をこめてつくられたのが本専門職大学院です。この専門職大学院では、ケアマネジメントコースとビジネスマネジメントコースの二つのプログラムに別れて学習が進められますが、この2つは切り離されたものではありません。お互いに補強し合うプログラムです。なぜなら、自らの属する組織に無関心ではスーパーバイザーとして務まりませんし、対人援助の理解抜きによいマネージャーにはなれないからです。ソーシャルワークの価値と方法・知識を基盤としながら、実践力を磨きます。



ページのトップへ戻る