MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 教育プログラム > 通信教育科 > 通信教育科長メッセージ

通信教育科長メッセージ

kacho

科長 金子 恵美

福祉専門教育のパイオニアがソーシャルワーク実践のリーダーを養成します

 日本社会事業大学は、2016年に創立70周年を迎えます。昭和21年に日本で唯一のソーシャルワーカー養成の専門機関として誕生して以来、厚生労働省から委託を受けた福祉教育のモデル校として、優秀な人材を養成し、数多くの卒業生が全国のさまざまな福祉分野で活躍しています。建学の精神は、「忘我友愛」(博愛の精神に基づく社会貢献)、「窮理躬行」(社会福祉の理論を窮め、社会福祉実践を常に大切にすること)、「平和共生」(異なる文化、異なる民 族異なる国籍の人々と共に生きる社会の創出)を体現できる人材の養成教育です。


 日本社会事業大学通信教育科は、この建学の精神を継承しつつ、社会福祉主事養成課程(平成11年4月開設)、社会福祉士養成課程(平成12年4月開設)、同短期養成課程(平成27年4月開講)、精神保健福祉士短期養成課程(平成13年4月開設)の4課程を設置し、ソーシャルワーク実践のリーダーを養成しています。これまでに本通信教育科を修了した学生数は約2万名にのぼり、9割を超える高い修了率と、社会福祉士ならびに精神保健福祉士養成課程では高い国家試験合格率を誇っています。

 通信教育は、全国各地にお住まいの方がさまざまな理由から入学されますが、なかでも現在仕事をお持ちの方のキャリアアップは大きな目的でしょう。特に近年は、複雑化・深刻化する福祉ニーズに対応するために、IPW(専門職連携実践)が求められており、実践現場では力量のあるソーシャルワーカーが不可欠となっています。日本社会事業大学では生涯キャリア形成を標榜してリカレント教育に力を注いでいますが、本通信教育科はその重要な一翼を担い、きめ細やかな教育内容によって、時代の要請に応える高度な専門性の実現と、国家資格の取得を支援しています。また、社会福祉士ならびに精神保健福祉士養成課程においては、本通信教育科からの推薦入試制度により、我が国唯一の福祉専門職大学院である福祉マネジメント研究科へのステップアップの道も開かれています。

 
 本通信教育科を通して本学の一員となられる皆さまが、生涯にわたって学ぶことの喜びを享受し、個々の目標を達成されることを願っています

                                                                        通信教育科 
                                                                        科長 金子 恵美



ページのトップへ戻る