JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

社会福祉学部

明日の福祉の
担い手はここから

福祉を学ぶ2つの学科

社会福祉学部には「福祉計画学科」「福祉援助学科」の2つの学科があり、重点的に学びたい内容や将来の目標のためにより適した内容を学ぶことができます。

社会福祉学部の教育のねらい

  • 社会の状況に合わせて、人間の行動や地域社会などについての関連学問を総合的に学び、研究し、高いモラルと豊かな思考力・感性を育みます。ソーシャルワークの実践に必要な基本的な心構えと知識・スキルを卒業までに身につけるため少人数教育により、豊かな人間性と深い教養を学びます。高度に多様化し、専門化する社会福祉の全体像をつかむことのできる教育方法により、全員が計画的に社会福祉士国家試験受験資格を取得できるカリキュラムを基本としています。
    また、進路選択に応じて、必要な他の資格取得にも柔軟に対応できるようにカリキュラムが組まれています。本学で学ぶ学生は、講義・演習に加えて、学校の内外での実習体験を重ねることで、周囲の多くの人々と協力し合いながら、積極的に学びを深め、社会の抱える幅広い課題を解決できる能力を養うことを目指しています。

  • 社会の変化を見据えて、
    福祉の第一線で活躍できる
    課題解決力を身につけてほしい

    少子高齢社会の到来により人びとの生活を取り巻く環境が変化する中で、ソーシャルワーカーへの期待が高まっています。なぜなら、日常生活上の困難を抱える人びとの最も身近な相談相手となるからです。そのうえ、よりよい社会を創造するための働きかけも期待されています。こうした社会的要請に応えるために最先端の知識、技術、価値観を身につけ、課題解決力を磨くことが求められます。そのため学部生全員が、福祉の伝統校としてソーシャルワーカーの国家資格である社会福祉士の資格取得を目指します。同時に、幅広い進路選択ができるよう精神保健福祉士、介護福祉士、保育士など、もうひとつの資格取得も可能です。卒業生たちは、様々な福祉関連現場の第一線で活躍しています。福祉に熱意のあるみなさんが本学で共に学び、幸せな社会の実現につながることを願っています。

  • 日本社会事業大学
    社会福祉学部長

    菊池 いづみ

  • Profile

  • お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達科学専攻博士課程修了、博士(社会科学)。同大学院人間文化創成科学研究科研究員、長岡大学准教授、教授を経て本学社会福祉学部教授となり、現在に至る。(2018年4月時点)

学びの特長

  • 最先端の研究を授業に反映

    社会福祉学の専門家はもちろん、新たな分野や最新の研究をしている専門家による教育を展開。社会の変化に対応した最新の研究や実践活動が教育の場に反映され、多職種連携やコミュニティソーシャルワーク、高齢者や障がいのある方の権利擁護など、幅広い課題に触れることができます。

    多彩なチャンネルで実践に触れる

    社会福祉実習を全員が受けることに加えて、各資格課程でも実習が行われます。また、ゼミごとの見学や調査、実践への参加も積極的です。さらに、聴覚障がいのある学生への情報保障のノウハウを学内で学び実践しています。ボランティアやアルバイトでも実践的な体験をすることができます。

アドミッションポリシー

日本社会事業大学の教育は、学生が教員から社会福祉の高度な専門知識や技術を習得しつつ、学内にとどまらない実習体験の中で周囲の多くの人々と共に研鑽を積みながら、学生自身が主体的に学問を深めることができるように育むことを基本としています。自ら幅広く現代社会における課題を探求し、さまざまな問題について解決する能力を養うことや、その努力を重ねることを惜しまない学生を求めています。

以下のような人の入学を求めています。

勉強のために必要な基本的学力を十分に備え、主体的に学ぶ意欲がある。

建学の精神を理解して、現代社会の問題に向き合うことができる。

誰もが安心して暮らせる社会を構築していこうとする意欲がある。社会福祉学部では、国内外の多様な文化や特性、障がいを背景に持つ学生にも広く門戸を開いています。

実習教育

実際の相談援助などを想定した実践的な授業により、
座学で学んだ理論・知識を福祉の現場で活かせるようにします。

相談援助実習

「社会福祉士」はソーシャルワーカーになるために必須とされる資格。受験資格を得るため、1年次からカリキュラムが組まれ、3年次に180時間以上(約24日間)の相談援助実習を行います。

目指す資格
社会福祉士

2年次

相談援助実習指導Ⅰ(後期)

ゲストスピーカーによる講義、総括レポートの作成等を通じて、社会福祉士に求められる知識や技術を実践的に学び、理解を深め、自己の学習・実践・研究課題を明確にします。

3年次

相談援助実習指導Ⅱ(前・後期)

相談援助実習の意義・知識・技術を具体的かつ実際的に理解し、実践的な技術等を体得。社会福祉士として総合的に対応できる能力を習得し、専門的援助技術を体系立てます。

相談援助実習(配属実習)

相談援助の実践的な技術や、社会福祉士として総合的に対応できる能力を習得。他の専門職との連携を具体的に理解しながら、自身の専門職としてのありかたを考えます。

資格課程などの実習(選択)

社会福祉士に加えて各資格取得のための実習があります。資格課程の登録に関しては、資格課程オリエンテーションにて詳しい説明が行われます。

  • 精神保健福祉援助実習

    精神保健福祉士の専門的役割と業務について理解を深めるため、精神科病院及び社会復帰施設などで実習を実施。精神障がいのある方たちをめぐる地域社会や人権問題の実態に触れながら、専門家としての自覚に基づいた行動がとれるよう成長することを目指します。

    目指す資格
    精神保健福祉士
  • 介護実習

    大学が指定する介護高齢者施設、障がい者支援施設、訪問介護事業所において段階的な実習を1年次から4年次まで行います。実習では利用者の尊厳を支える理念のもと、要支援・要介護状態の人の自立支援となる生活支援技術の実践力を身につけます。

    目指す資格
    介護福祉士
  • 保育実習

    (1)事前訪問、(2)見学実習、(3)参加実習、(4)責任実習(指導計画作成)の段階があります。保育全般に参加しながら子どもの個人差を理解して対応する方法、子どもの家族との関わり方などを学びます。また保育士に求められる資質・技術・能力を考えて自己の課題を明確にします。

    目指す資格
    保育士
  • 子ども・家庭ソーシャルワーク実習

    自分の関心のある施設で20日間の実習を行います。実習先は、子育て支援系、虐待対応施設系、スクールソーシャルワーク系、発達障がい系(障がい児通園施設など)、自立支援・地域支援系(自立援助ホームなど)、司法福祉系(弁護士事務所など)、子ども医療系に分かれています。

    目指す資格
    児童ソーシャルワーク課程
    (修了認定)※
  • 福祉科教育実習

    実習の目的は(1)教員の職務の大要をつかむ、(2)教科指導、生徒指導などに必要な能力を身につける、(3)高校生の実態に触れる(4)学校運営を知る、です。事前に学習指導計画を立てて教育実習に臨み、実習後はレポート作成と報告会を通じ実習生活と研究授業を振り返ります。

    目指す資格
    高等学校教諭一種免許状
    (福祉)1
  • スクールソーシャルワーク実習

    実習先は学校現場を基本とし、学校内外の教育機関で実施。子ども及び家族の生活上の困難を把握して、問題解決のための方法と子どもの権利擁護について、さまざまな観点から検討します。また、スクールカウンセラーなど、地域の諸機関との連携・協働についても学びます。

    目指す資格
    認定スクールソーシャルワーク
    (教育課程指定科目)
  • 特別支援学校教育実習

    特別支援学校で教育実習を実施。肢体不自由、知的障がい、聴覚障がい、視覚障がいなどのある児童・生徒の教育に携わるために必要な知識と技術を身につけ、特別支援学校の教師のほか福祉施設機関で障がいのある子どもに関わるソーシャルワーカーとなる人材を目指します。

    目指す資格
    特別支援学校教諭一種免許状
    (聴覚障害者)
  • 医療ソーシャルワーク実習

    医療ソーシャルワーカーの役割と業務について理解し、各医療専門職種との連携方法を具体的に理解します。また、地域における病院の機能をふまえ、各関連施設等の役割分担や連携の課題と、医療ソーシャルワーカーの役割を検討し、自身が成長するための学習課題を明確にします。

  • 福祉計画インターンシップ

    福祉計画学科の学生向けに開講。行政機関、社会福祉協議会、NPOをはじめとした公益法人、民間企業にてインターンシッププログラムに参加し、それぞれの専門業務に携わる人々が仕事の中で考えていることに触れながら、仕事の大変さと面白さを体験し、自らの成長につなげます。

※児童ソーシャルワーク課程は、本学独自の課程で、本学の児童ソーシャルワーク課程修了の認定を受けることができます。
※1 申請中。ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性がある。

福祉現場の動向に対応した施設。ユニバーサルデザインで、あらゆるケースに応じた実習を行うことができます。

  • 居室A

    床上介護実習室

    寝転んで床上で運動できる畳のスペース。アクティビティの演習にも利用可能です。

  • 和室

    福祉機器活用室

    さまざまな福祉機器に触れ、使い方を学ぶ場です。歩行器、標準型車椅子、リクライニング車椅子などを完備しています。

  • 居室B

    ユニットケア実習室

    一般家庭のようなつくりになっており、リビングではユニットケアやグループホームの介護技術を学びます。

  • 電動調理台

    入浴実習室

    家庭にあるような浴槽から全介助用の浴槽まで、さまざまな対応を体験できる入浴介護の実習室です。

  • 調理実習室

    介護実習室A・講義室

    ベッドサイドケアの実習室。講義と実技の場が1フロアでつながり、機能的に介護理論と技術を習得できます。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス