JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

より良い福祉政策、施設経営を考える

福祉経営コース

福祉経営・政策・制度を学び、より良い施設経営を考える

社会福祉は数多くの制度で構成されています。本コースでは、その成り立ちや歴史を理解するとともに、福祉サービスを必要とする人々に起こっている問題や課題を把握し、その解決を支援するために必要な、法・経営・計画・政策について、具体的な改善方策を考えます。

今起こっている問題を考え時代の、
ニーズに応えられる人材へ

時代のニーズに応えるものへと発展させていくために、福祉計画の策定、施設のより良い経営や管理はもちろん、サービス利用者への情報提供、利用援助、権利擁護等の、まさに今、重要視されているテーマについて学びます。利用者の現実を分析的に捉え、求められるシステムを構築・運営できる人材を育てます。

想定される職場・職種

公務員(福祉職・一般行政職)/社会福祉法人(企画・運営職)/社会福祉協議会福祉活動専門員/
福祉関連企業(総合職)

モデル別履修科目

  • 福祉経営履修モデル

    福祉サービスを必要とする人々の問題を把握し、その解決に必要な法、経営、計画、政策について、実施上のシステムなどを含めて学習。福祉サービスが措置から契約・利用制度へ転換するなか、利用者への情報提供など重要となるテーマも学ぶ。

  • 福祉計画学科4年 福祉経営コース
    東京都城西大学附属城西高等学校出身

    永田 奈津美

  • これからの超高齢化社会を
    見据えて住宅関連企業を目指す

    福祉住環境論の授業をきっかけに、福祉用具やバリアフリー、住環境整備などの分野に興味を持つようになりました。暮らしの中でいかに自己実現をするかといった、ポジティブな視点から福祉に向き合うことができたのが大きな収穫。社会で福祉を広げていくことが、私の将来の目標です!

  • 地方自治論

    地方自治体をめぐる中央集権~地方分権の動向、三位一体改革、市町村合併がもたらした影響などを学び、公務員制度改革やNPM型行政改革などの進展をふまえて今後の地方自治体のあり方を考えます。

  • 福祉と政策(理論)

    社会福祉政策の概念や理論を理解し、戦後の福祉国家の形成から再編に至るまでの福祉政策の動向を、理論的かつ実証的に考察。政府の推進する新しい福祉政策についても考えます。

  • 少人数だからさまざまな意見を
    じっくりと聞ける

    社会保障政策が専門の衣笠先生のゼミに在籍し、少人数で自由に意見を交わしながら学んでいます。福祉の単科大学だけに先生方も各分野のプロばかり。刺激に満ちています。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス