JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE3 子ども支援 いじめや家庭内暴力から子どもを守り、健やかな成長をサポート

子どもひとり一人の
可能性に着目しながら
問題の解決・軽減に向けて
支援していくこと。

前田 奈緒さん

杉並区教育委員会事務局 勤務(東京都)

2014年 福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士

内に秘めた思いを
一緒に実現していく。

東京都杉並区で、学校や家庭からの依頼を受けて活動する“派遣型のスクールソーシャルワーカー”として働いています。子どもとのパートナーシップを大切に子どもの声を聞き、学校や保護者などと連携しながら、子ども家庭支援センター、病院、児童相談所など、それぞれの子どもに必要な機関やインフォーマルな資源への橋渡しを行うことで、問題の解決・軽減をサポートする仕事です。私たちが活動のなかで出会う子どもの背景はさまざまです。子どもたちに寄り添い、関係性を築くなかで見えてくる子どもたち自身の声を、周囲の大人たちに伝え、それぞれの思いを実現できるよう一緒に考えていきます。子どもがつらい状況にあれば、保護者や学校の先生方もつらくなるかもしれません。その際には子どもを中心とした支援を一緒に考えていきます。

子どもの魅力に着目し新しい可能性へとつなげる。

この仕事の難しさは、子どもにとっての利益と、周囲の大人がその子どものためと考える利益が一致しない場合があることです。その際には子どもの声を周囲の大人たちに伝えていきますが、子どもにとっての幸せは何かと考えさせられます。このようななかでの私の原動力は、さまざまな体験や人とのかかわりから、子ども自身が元々秘めていた魅力に気づく瞬間、またそこから新しい可能性につながる瞬間にあります。

日本社会事業大学で培った学びと仲間とのつながりの大切さ。

私にとって日本社会事業大学での収穫は、座学で学んだ福祉の概念と、ボランティアや実習など、実際の現場を通して得た気づきの両方を知ることで学びを深められたことです。特に日本社会事業大学の先輩から誘われて始めた、子どもが放課後に集まって過ごす「子どもの居場所」でのボランティア活動では、スクールソーシャルワーカーの実践を近くで見ることができ、私自身も子どもを中心としたソーシャルワークに携わりたいと考えるきっかけとなりました。在学中はもちろん、共に福祉の道を志して福祉の現場で活躍している仲間や先輩とのつながりに、今も助けられています。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

子どもの未来のため
支援する側を
支援することの重要性。

三ツ井 裕俊さん

社会福祉法人松葉の園 勤務(東京都)

2006年 福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース 卒業
■取得している資格:保育士、児童指導員、2級ファイナンシャル・プランニング技能士 ほか

長く働き続けられる職場環境が子どもの支援に必要。

児童養護施設、保育所、自立援助ホームなど、さまざまな事業所を持つ法人の職員として、人事・労務・企画・広報などをはじめとする各事業所長のフォローや、理事・評議員会の運営などに携わっています。現在取り組んでいる課題はいくつかありますが、特に力を入れていることは、支援に携わる人が長く働き続けられる職場環境をつくることです。児童養護施設では、勤続3年以内に半数が志半ばで退職するといわれています。勤務の必要上夜勤が入ることもあり、心身の不調や家庭の事情で離職せざるを得ない場合が多くあるのです。子どもと支援する側の愛着関係は大切で、長く働ける環境が最終的に子どもの支援につながります。そのために、法人の諸規定の整備等を積極的に進めています。

すべての子どもたちにチャンスを。

入所している子どもたちに限らず、社会的養護を必要とする子どもたちがより多くのチャンスを掴めるよう、新しい支援者・支援団体を開拓し、支援団体同士をつなげ、有益な情報は他団体、他施設とも共有するという活動をしています。例えば、地域の学習支援を行う団体と就職支援を行う団体をつなぐことや、フードバンクと母子寮や子ども食堂をつなぐことで、多くの子どもたちがチャンスに恵まれるように支援をしています。貧困格差、相対的貧困、虐待予防など社会に課題は山積です。同じ志を持ったもの同士、法人の垣根を越えたチーム戦で挑み、子どもたちの持つ可能性を広げていきたいと考えています。

同志を増やし、新しい支援の形を模索する。

在学中、保育園でのアルバイトや実習等を通し、子どもを支援するにはその子どもの家庭への支援も必要だと感じ、より現実的な支援ができるように、卒業後は証券会社へ就職し、お金の知識を身につけて福祉の世界へ戻りました。他業種での経験が今も活きています。福祉を学ぶなら日本社会事業大学が一番です。現場にも多くの卒業生がおり、よりよい支援ができるように日々努力し、それぞれの現場で活躍しています。私自身、さまざまな場面で助けていただきました。大学で福祉を学び、現場に出たときには私たちは同志であり、仲間です。分野や所属などは関係ありません。施設や地域など、いろんなところと協働をしながら、一緒に面白いことをしましょう!

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース 子育て支援履修モデル
  • 保育の分野で働きたい
    福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース 保育士履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス