JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE3 子ども支援 いじめや家庭内暴力から子どもを守り、健やかな成長をサポート

人と社会の橋渡し役として
親と子どもを
支援していくこと。

大倉 沙也佳さん

静岡県東部健康福祉センター
(東部児童相談所)勤務(静岡県)

2015年 福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士、保育士

増え続ける悩みに寄り添い
多くの人を助けることへのやりがい。

静岡県の児童福祉職として、県内4市の児童相談所で親や子どもが抱える問題の解決を手助けする児童福祉司として働いています。児童相談所への相談は年々増え続けています。相談者側の都合に合わせて予定を組むことが基本となるので、一週間のスケジュールはかなり過密です。子どもが何らかの理由で家庭外にて保護されることや、近隣住民の方からの通報への対応など、緊急性を要する場合は予定を変更することも多く、限られた時間のなかで業務をこなしていくことはとても大変です。ですが、それは全て人の命に関わることです。多くの人の助けになることは、やりがいでもありますね。

「出会えて良かった」のひと言が日々のモチベーション。

最近の仕事のなかで目立つのが、保護者である親が自身の問題を認識していないケースです。こういったことに起因する児童虐待では、子どもの安全性を考慮して子どもと親を引き離し、親と対立する場面もあります。そのようななかでのモチベーションは「あなたに出会えて良かった」と言っていただくこと。実際に、私が初めて施設に入所させた子どもが半年以上の時間を経てご家庭へ戻る際に「大倉さんみたいな児童相談所の職員に出会えて良かった。また家族が一緒に暮らせるようになって嬉しい」と言っていただきました。この仕事をしていて本当に良かったと思える瞬間です。

社大で学んだ"自己覚知"を意識し、
自身を制御しながら適切な支援を。

今の仕事に必要な能力は、観察力と判断力です。相手のことをよく観察するなかで、どのような人物なのか、相手が何を必要としているのかをくみ取ることが大切です。また、自分の主観だけでなく、客観的な視点で物事を判断する力も必要になってくると思います。それは、人の心のなかやプライベートな事情など、とてもデリケートな問題に介入しなければならないからです。特に今、社大での学びで役立っていることは "自己覚知"の重要性。ケース情報や相手の方を目の前にすると、先入観や自分の感情についついとらわれがちですが、自分の考え方や感情の機微を客観的に捉えることで、自然と自分自身を制御しながら仕事と向き合うことができているように思います。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

「平和なくして福祉なし」
子どもたちが輝ける社会を。

石井 義久さん

社会福祉法人 六踏園 第二調布学園 園長(東京都)

1973年卒業
■取得している資格:社会福祉主事任用資格、
中学校社会科教師免許

あらゆる子どもたちに公平な環境を用意したい。

児童養護施設で園長を務めています。私たちが支援している子どもたちの7割は虐待を受け、3割は何らかの発達障がいを抱えています。そんな子どもたちと生活を共にし.寄り添いながら、自信を持って自分らしく生きていけるよう、職員全員でサポートを続けています。児童養護施設の子どもたちは、貧困の連鎖の被害者だと考えています。何も選ぶことができずに生まれてくることを考えると、少なくとも「子ども時代は公平な社会」を用意することが大人の責任です。戦災孤児や引き揚げ孤児等を受け入れてきた児童養護施設の歴史をふまえ、「平和なくして福祉なし」の思いを強くしています。

専門性と人間力で地域福祉を変えていく。

福祉は生活問題そのもの。地域福祉の観点から総合的にとらえ、実践していく必要があると感じています。また、虐待児の増加傾向のなかで児童養護施設分野では単に福祉だけの視点だけでなく、「福祉」、「教育」、「医療」の3つの領域にまたがる対応が求められています。そういった意味では、総合性に基づく専門性を身につけることがとても重要です。そして、専門性を最大限に生かすのが、個々の持つ人間力。豊かな人間観や世界観を確立するとともに、どんな困難にもめげない「しなやかさ」と「したたかさ」を併せ持つことが、福祉に身を置く人には必要な素養だと感じますね。

発展途上の日本の福祉を
変革する気持ちで学んでほしい。

日本の福祉は、まだまだ発展途上です。また、子ども支援の分野に限った話ではないのですが、時代の移り変わりに合わせて支援の方法も変えていく必要性を感じています。日本の福祉をより豊かにしていくためにも、自身がその当事者として、常に「チャレンジ精神」を持って勉学に取り組んでほしいという気持ちでいます。気づいたことに不満を並べるのではなく、どう変えていけばより良くなるかといった「変革していく思想」を意識的に持ち続けることも大切だと思います。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース 子育て支援履修モデル
  • 保育の分野で働きたい
    福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース 保育士履修モデル

2015年度アーカイブ

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス