JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE6 地域福祉分野 地域の人々をつなぐコミュニティづくりに貢献する

時代とともに
変化しながら
より良い地域社会の実現を
支援していくこと。

志村 宏祐さん

社会福祉法人全国社会福祉協議会勤務(東京都)

2014年 福祉計画学科 福祉経営コース 卒業
■取得している資格:社会福祉士

全国の社会福祉協議会と連携し暮らしやすい地域づくりを。

私が働く全国社会福祉協議会は、地域住民と協力して地域の悩みごとの解決を支援する1846の市区町村社会福祉協議会と、67の都道府県・指定都市社会福祉協議会をバックアップする組織です。業務は多岐に渡りますが、私の主な担当は、社会福祉協議会が都道府県ごとに実施する日常生活自立支援事業(認知症高齢者、知的障害者、精神障害者など判断能力が不十分な人の権利擁護を目的に、自立した地域生活が送れるよう、福祉サービスの利用援助を行うもの)における相談業務や、現場での実践に役立てられるような研修会の企画・運営、最新情報の発信などを行っています。社会福祉協議会をバックアップ・連携することで、最終的にその地域の住民が暮らしやすいまちづくりにつながります。また、ホームヘルパーの役割や専門性を社会に発信したり、住民やホームヘルパーにとってより良い制度となるよう国への提言などを行う「全国ホームヘルパー協議会」の運営も担っています。

地域共生社会の実現に向け私たちから変わっていく。

これまで社会福祉協議会は、地域福祉のトップランナーとしての役割を担ってきました。しかし、地域共生社会の実現が求められている今、新たな担い手が増えつつあり、私たちの存在意義や役割を再度振り返る時期を迎えています。そのなかで忘れてはいけないことは、どのような支援があれば地域が良くなるか、常に住民の思いに寄り添って考えること。地域の住民が、ときには支えられ、ときには支える側に立ちながら課題の解決に取り組むことができる環境の構築のため、現場での声を収集することや、各関係機関と連携していくことの重要性を感じています。

現場の声を聞きながら社会に向けた情報発信を。

福祉人材の不足が課題となっている今、関心を寄せていることは、ホームヘルパーの魅力をどのように社会に発信するかということです。私の立場でできることは、現場で働く皆さんの思いをお聞きし、それが正しく広く伝わるよう、表現することです。現場の人たちが熱い思いをこめて話している姿を思い返すと、この素晴らしい仕事を多くの人に正しく理解してもらいたいという気持ちになりますし、大きなやりがいにつながっています。福祉とひと言で言っても、一人ひとりが抱える課題も、価値観もそれぞれ異なります。大学在学中にできるだけ多くの人と議論しながら多様な価値観に触れて、自分の世界を広げてください。将来必ず役立つと思います。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

地域の力を借りながら
地域で暮らす全ての人に
生きる喜びを。

富田 千秋さん

社会福祉法人清瀬市社会福祉協議会勤務(東京都)

1996年 児童福祉学科 家族福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士、精神保健福祉士、保育士

複雑にからむ価値観に触れながらより良い暮らしをともに考える。

日本社会事業大学がある清瀬市の社会福祉協議会で、生活福祉資金の貸し付けや、住民懇談会の開催、地域の居場所づくりなどに携わっています。業務は多岐にわたりますが、共通して感じることは、人を理解する力の重要性です。例えば、生活福祉資金の貸し付けの相談に来られた方に、支援プランを提案しても受け入れられないことがあります。その根底には、プライドや他人が介入する不安がある場合もありますし、本人や家族、地域の価値観が複雑に絡んでいる場合もあります。本人が納得した上で、支援を選択していけるように寄り添っていくことには難しさを感じます。

生きづらさを感じる人への理解を広げていく。

最近は、既存の制度の枠組みに当てはまらない「ボーダー層」について関心を寄せています。例えば、学校の授業が理解できなかったり、コミュニケーションがうまくできなかったりして、不登校になってしまうケースがあります。周囲からは、IQや知的能力に問題がないために「さぼっている」「家庭での養育が不十分」と思われるなど、理解されづらい状況にあるのです。そのため、そういった生きづらさを感じている方の「できないこと」「困りごと」に焦点を当ててしまいがちですが、持っている能力で社会に参加できる、ボランティアや地域の居場所づくりに力を入れて取り組み、地域での理解を促すよう活動しています。

経験や見聞きすることに、何ひとつ無駄はありません。

今まで本人の持つ強みに光が当たらなかった人に、何か1つでも「やって良かった」と思える場を増やしたい。この思いが私にとっての原動力です。 日本社会事業大学を卒業してから、精神障がいのある方の作業所、保育園での勤務を経て12年前に現職に着任しました。それぞれに経験したこと、見聞きしたことの全てが今につながっていますし、日常のあちらこちらで気づかされることもたくさんあります。日々の小さな営みを大切にしながら、よりたくさんのもの・ことを吸収してほしいです。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル
  • 福祉計画学科 地域福祉コース コミュニティ・ソーシャルワーク履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス