JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE2 障がい者福祉分野 個々のニーズを把握し、障がいのある方の生活をより良いものに

授業や生活を通して時間をかけて向かい合っていく。

地域で育つ
全ての子どもの
笑顔のために
支援していくこと。

笠木 あかりさん

千葉県立船橋特別支援学校勤務(千葉県)

2011年 福祉援助学科 保健福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士、
小学校教諭(1種)※ 特別支援学校教諭免許状※
※卒業後、他の大学院で取得

一人ひとり丁寧に、そしてみんなが一緒に学ぶ。

前任校が聾学校だったため、その経験を活かし、現在は特別支援学校で、主に聴覚障がいの通級指導教室を担当しています。通級指導教室とは、地域の小・中学校に在籍しながら、特別な支援が必要である児童生徒に対して、一人一人の教育的ニーズに合わせた個別指導を受けるための教室です。聴覚障がいの通級指導教室では、日記指導や発音指導などを行っています。また、校内支援として、肢体不自由と聴覚障がいを併せ有する児童に、発音指導やサイン・手話などの指導を行っています。どちらの指導においても、子どもたちの力を伸ばすための専門性が求められていることを感じています。

先生や周囲の子どもたちに理解いただくことの大切さ。

子どもたちの力を伸ばしていくためには、担任の先生の理解はとても重要です。通級指導教室担当として、聴覚障がいのある児童の在籍校へ足を運び、補聴器の仕組みや学校での指導場面で配慮していただきたいことなどを伝えています。例えば、補聴器を装用すると声が聞こえやすくなると思われがちですが、周りの雑音も大きくしてしまいます。そのため、椅子の足にテニスボールをつけてもらい、雑音を軽減するようにしていただいたり、授業中は静かにしてもらったりするなど、担任の先生や周囲の子どもたちの協力も欠かせません。実際に、先生方や子どもたちに補聴器の装用体験をしてもらい、静かに授業を受けてもらうことの大切さを伝えるなど、理解や啓発を促す活動も行っています。

日本社会事業大学で学んだことが今に生きている。

「障がいのある人の自立を支援したい」「人を助けられる仕事をしたい」そう考えた時に、行きたいと思ったのが日本社会事業大学でした。特に、高齢者施設や、生活介護施設、児童発達支援センターなど、さまざまな施設でさまざまな人と触れ合ったことで、自分にできることは何か、自分がすべきことは何かということを考えるきっかけとなりました。私が最も大切にしていることは「相手の話を受け止めながら、“聴く”」。これは福祉に限らず、教員という職種でも非常に重要なことだと感じています。子どもたちの笑顔のために、深い知識と幅広い視点を養いながら過ごしていきたいと思います。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

授業や生活を通して時間をかけて向かい合っていく。

必要な人に
必要な支援を届け
人と人がつながる
場と力を創出。

関口 直志さん

社会福祉法人恩賜財団東京都同胞援護会
東久留米市立さいわい福祉センター勤務(東京都)

2001年 福祉援助学科 障害福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士、介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級

「知らずに選べない人」を減らしたい。

身体障害者福祉センターで、生活介護、就労移行などの業務を統括しています。主に事業が円滑に進んでいるか、支援の行き詰まりはないかなどを把握しながら、ときには現場での支援も行っています。また、入浴サービスや日中一時預かり、ショートステイの現場対応も担当しています。昨年度からは、バリアフリー映画の上映を市役所と共催するなど、視覚障がいのある方が気軽に集まれるような場づくりにも注力しています。このような取り組みを通じて出てきた課題は、サービスや支援を必要としている数多くの人に、必要な情報が行き届いていないこと。知らずに選べない人と知って選ばない人の差はとてつもなく大きく、知らない理由に原因があるのであれば、解消するための策を考えていかなければなりません。

IT化が進むなか、人の連携はさらに強固に。

今、関心を寄せていることは障がい者の高齢化です。障がい者が高齢になればそれに伴う問題が出てきますし、家族が高齢化すると迅速な対応ができない・変化に気づくことが遅れてしまうなどの問題も出てきます。そのため、関係者が変化に気づき、適切なタイミングで適切な支援を行うためのシステムづくりが急務です。社会は複雑化・多様化しているだけでなく、変化も加速。福祉の分野にもITが広がることは予想されていますが、利用者・地域・関係者がつながっていく力は、これまで以上に求められるようになるでしょう。

大切なのは、考えること、伝えること、感じること。

考えること、伝えること、感じることの3つは福祉の仕事をする上でとても大切だと思います。考えるためには、多くの知識や経験が必要です。伝えるためには、相手のことを考えながら上手にコミュニケーションを取る必要があります。利用者や社会・地域の課題、強みを感じるためには感度を磨く必要があります。さまざまな経験を重ねて、多くの人と話し、普段からちょっとした疑問が持てる心を大事にしてほしいです。 福祉の現場には、若い力が必要です。高い志を持ってこの業界を選んでくれた若者たちが気持ち良く働けるよう努めていきます。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 福祉経営コース 福祉経営履修モデル
  • 障がいの分野で働きたい
    福祉援助学科 保健福祉コース 障害者履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス