JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE5 低所得者福祉分野 経済的困難を抱える人の就労と安定した生活を実現する

信頼関係の構築と
他機関との連携で
一人ひとりの人生を
支援していくこと。

紺野 優さん

板橋区役所 福祉部 赤塚福祉事務所勤務(東京都)

2016年 福祉計画学科 福祉経営コース卒業
■取得している資格:社会福祉士

生活上の困難を抱えた人に
自立の道を開いていく。

大学1年生のときから携わっていた、生活保護受給者と関わりがあるアルバイト。3年次では福祉事務所での実習。これらの経験から生活保護分野に携わる機会に興味を持ち、生活保護のケースワーカーを志望しました。現在は、担当地区で生活保護を申請された方に対し、調査に基づいた保護の決定をはじめ、必要な保護費の算出や窓口での生活相談など、被保護者の生活へ多岐に渡ってアプローチする仕事をしています。また、生活状況と課題を把握することにより、生活上の困難を抱えた方々に対し、適切な支援サービス等につなぐなど、少しでもその方が自立へ向かえるように支援を行っています。

生活保護は最後のセーフティーネット。

業務の中で特に大切にしていることは「信頼関係の構築」と「他機関との連携」です。ある日、生活の見守りがなく誰にも助けを求められなかった高齢者が、もう少し発見が遅ければ命を落としていたかもしれない事例に関わりました。それまでの自分は、何事も一人で抱え込みがちでしたが、この事例では他機関の方々からのアドバイスや連携を図ることにより、より良い支援につなげることができました。今では他の生活保護受給者に対しても、さまざまな機関が持つノウハウを活用し、支援の幅を広げていくよう努めています。また生活保護は最後のセーフティーネットと呼ばれており、その役割の多くをケースワーカーが担っています。この事例は生活保護受給者が誰にも頼ることができなかったことが原因でした。セーフティーネットとしての機能を発揮するためには、より良い信頼関係を築くことが不可欠です。そのため、日頃から、より話しやすく相談しやすい雰囲気づくりを意識しています。

大学時代だからこそさまざまなチャレンジを。

日本社会事業大学の魅力は、日本の福祉政策に関わっている先生方が数多く在籍していることです。また、座学はもちろん、さまざまな社会資源に触れる機会も多いです。学生時代に実際に見聞きしたことで「このケースの場合は、どの機関に相談・利用すれば良い」などという判断や見極めがケースワークに役立っています。また、大学生だからこそ友達と遊んだり、旅行に行ったり、サークルに没頭することも大切にしてほしいです。それは福祉だけにとどまらない多種多様な経験が、実際の受給者との関わりで役立つと感じるからです。貴重な学生時代だからこそ、人間としても成長できるよう、さまざまなことにチャレンジして有意義に過ごして欲しいです。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

低所得者支援ソーシャルワーカー 青木 尚人さん

一人ひとりの自立を支援しながら
地域社会の課題解決力を
地域とともに高めていく。

福島 弘二さん

横浜市健康福祉局生活福祉部 生活支援課勤務(神奈川県)

2006年 福祉援助学科 介護福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士、介護福祉士、高等学校教諭1種免許状(福祉)

本人の課題解決力を引き出すことの重要性。

さまざまな事情で経済的な悩みを抱える方が、自立に向かっていけるよう支援する「生活困窮者自立支援制度」に基づき、横浜市の社会福祉職として事業の企画・運営、取りまとめなどに携わっています。2015年4月から施行されたこの制度は、それまでの制度では支援の対象にならなかった方のために生まれたものです。しかし、“生活困窮=生活保護”といった誤った解釈をされることが多いのも事実です。そのため、生活に困窮する方をいかに相談窓口につなげていくか。そして、課題を解決するための支援だけではなく、地域で暮らしていく方自身が課題を解決できる力も身につけられるための支援を考えていくことも重要だと考えています。

支援を循環させることで地域の力の底上げを。

今後、生活困窮者支援のニーズは高まっていくと予想されます。その中で、支援を必要としていても自ら声を上げることができない方や潜在的なニーズをキャッチするとともに、就労の場や社会参加の場を身近な地域の中に見出すことも大切となります。個々の支援により支援者間のチームワーク、住民主体の支えあい活動を循環させ、そのことで個々の支援の質を高めていく。このサイクルを創出することで、地域とともに課題を解決する支援の輪ができます。その実現に向けて、地域の中に入って地域の実情を知りながら、積極的に情報を発信する必要性を感じています。プレッシャーは感じますが、この制度をどう打ち出していくかを考えられることは大きなやりがいとなっています。

可能性は狭めるものではなく、広げるもの。

私のように介護福祉コース出身の場合、高齢者介護や障がい者の施設に勤めるケースが多いです。しかし、福祉の仕事にはさまざまな分野があります。私の場合は、教職課程を履修することで学科の垣根を越えて交流する機会に恵まれ、新しい道があることに気づかされました。また、「人が自立できるよう支援したい」という思いは、介護福祉の考え方がベース。日本社会事業大学での学びの全てが、今の自分を支えています。視野を狭めることなく、幅広い可能性を考えながら学んでほしい。心からそう願っています。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 福祉経営コース 福祉経営履修モデル
  • 福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス