JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE5 低所得者福祉分野 経済的困難を抱える人の就労と安定した生活を実現する

生活に困窮し
保護を申請された方の
生活に介入しながら
円滑に支援すること。

黒澤 麻衣さん

東京都大田区役所 大森生活福祉課勤務(東京都)

2016年 福祉計画学科 地域福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士

生活費の決定に加え、自立生活に向けての指導や
福祉サービスに連携することも日常の業務。

生活保護分野のケースワーカーとして、生活に困窮し保護を申請された方の保護費を決定するために、生活状況の調査を行っています。現在、約90世帯を担当していますが、それぞれの人が自立した生活を送ることができるよう指導することはもちろん、時には福祉サービスと連携したりと、生活に介入する必要のあるケースも多く見受けられます。基本的な勤務時間は8時30分出勤、17時30分退勤です。具体的な業務内容は、受給者訪問、受給者が利用している介護サービスの職員やケアマネジャーなどとの会議、受給者から提出された収入申告書や給与明細書をもとに保護費を決定するための事務処理などを行っています。

複合的な問題を抱えた人々に
他の専門家とともに横断的な支援を行うことが大切。

受給者はただ低所得なだけでなく、複合的な問題を抱えた人が多いように感じます。実際に、聴覚障がいに加えて認知症の恐れがありながらも、福祉サービスを利用していなかった高齢者の支援をする機会がありました。ご自宅に訪問してみると、人に意思を伝える手段が手話しかないため、近隣の人に生活の苦しさやつらさを容易に知らせるすべがなかったのです。このケースでは、地域包括支援センターや障害者サポートセンターの手話通訳者、地域福祉課の身体障害担当者などと連携し、福祉サービスにつなぐことができました。生活保護の分野は、あらゆる分野に渡る横断的な支援の必要があることを身をもって学んだ一例です。

コミュニケーションの質こそが円滑な支援に直結する。

このように現在の業務では、福祉分野に関する広い知識が必要です。社会に出てから学ぶことはたくさんありますが、社大で養った学びや友人との何気ない会話が、今に生きていると実感することも多いように思います。座学で知識を得た後に、少人数演習でのグループワークやディスカッションを通して学びを深め、コミュニケーションの質を高めることもできたと思いますね。福祉サービスは、誰の生活にも必要不可欠なものです。今問題を抱えていないとしても、高齢になれば介護が必要になるかもしれませんし、何かのきっかけで障がいに悩まされる可能性もあります。誰にでも必要なものだからこそ、どんな場面でも対応できるような知識や経験を積んでいくことが、これからの目標です。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

低所得者支援ソーシャルワーカー 青木 尚人さん

それぞれの人の背景を知り
自立生活のあり方を
熱いハートと
クールな頭で導き出す。

後藤 慎也さん

豊島区役所 生活福祉課 保護四係勤務(東京都)

1998年卒業
■取得している資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援専門員

求められているのは個々の生活課題に寄り添う支援。

生活に困窮した世帯に対して支援を行うケースワーカーとして、生活費の支給をはじめ、さまざまな人の抱える生活課題への支援を行い、自立をサポートしています。ひとことで自立といっても、金銭面のサポートだけではありません。例えば、引きこもりで働けない背景には精神疾患が疑われたり、また別の例だと、外国籍であるがゆえに就労が難しかったりと、人が抱える生活課題は千差万別です。それぞれの課題に合わせた自立を目指すべきだと考えているから、私は今までもこれからも、ずっと現場主義。人の気持ちに寄り添いながら一緒に課題に取り組み、安心できる暮らしを支援していく必要があると感じています。

貧困家庭の若年層化は日本の社会の「写し鏡」。

世のなかの変化とともに、人の抱えている問題も複雑化してきているように思います。特に最近では10代〜20代といった若年層の貧困が目立つようになっています。こういったケースでは、幼少期に生活保護を受けていたり、親の金銭的事情や諸問題により基本的な生活習慣を身につける機会がなかったりと、単にその個人だけの問題でない場合が多いのです。そのため、単純に金銭面の支援だけでなく、子どもの教育や親の学びの場といった、さらなる支援の充実の必要性を感じます。今後はより一層、解決すべき課題は幅広い分野かつ専門的なものになり、対応にもスピーディーさを求められることでしょう。

少しでも興味のある方は
社会福祉の世界に飛び込んでほしい。

福祉の世界で感じることは、携わるすべての人と人との関わりから生まれる「信頼」や「つながり」の尊さです。とかく「地味」「暗い」「つらい」などのイメージで語られがちな社会福祉の世界ですが、そればかりではなく意外とダイナミックな世界です。今後は、他機関との密な連携や、地域住民との協同がさらに必要となっていくでしょう。これから福祉に携わる人に求められることは「アナログで熱いハート」と「デジタルでクールな頭」。人に寄り添う気持ちとシビアに考える面のバランスを保っていくことが必要ですね。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 福祉経営コース 福祉経営履修モデル
  • 福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル

2015年度アーカイブ

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス