JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE4 患者支援 安心して治療が受けられる環境を整え、患者さんの不安を解消

患者と家族の笑顔のために
不安や心配を解消しながら
支援していくこと。

花井 麻記さん

高島平中央総合病院勤務(東京都)

2015年 福祉援助学科 保健福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士

患者のよりよい未来を考える
やりがいと誇りのある仕事。

突然的な病気やケガ、持病の悪化などで入院・治療を受ける急性期病院で、医療ソーシャルワーカー(MSW)として働いています。退院支援をはじめ、入院をきっかけに生活に不安や心配を抱える患者・家族から相談を受けたり、ときには介護支援相談員と協力し、在宅調整、転院支援、経済面における支援など、個々の状況に合わせた支援を行っています。福祉の道を選んだ理由は、母が介護支援相談員であったこと。誇りをもって楽しそうに仕事をしている背中を見て育ったことから、福祉の仕事に就けば、誇れる仕事ができると考えました。

密なコミュニケーションで
それぞれの立場の人に理解を。

この仕事の難しさは、患者や家族の「長く病院に入院していたい・させたい」という気持ちと、医療機関としての「早期退院」の考えが対立することが多いこと。早期退院が難しいケースとして、患者と家族の関係、金銭的問題、社会資源の問題などとさまざまです。そのため、医師や看護師には常日頃から報告を欠かさず行い、理解を得ることを大切にしています。また、担当する患者とは毎日顔を合わせて会話することで、現状の把握を欠かさないように心がけています。さまざまな方と話す機会が多い仕事ですから、相手に自身の意図を伝える能力が必要。どの立場の方からも納得できるよう、しっかりとコミュニケーションを取るよう心がけています。

「あなたがいて良かった」
と思っていただくことが目標。

日々のモチベーションは、退院が近づくにつれて患者や家族の表情が明るくなり、退院されるときには満面の笑顔を見せてくださること。また、退院した方が元気な姿になって病棟に顔を出してくださって「退院のときは色々と大変だったけど、やっぱり家で過ごすのは楽しいね」と言っていただけたときは、自分の支援は間違っていなかったと、言葉にできないほどうれしかったです。世の中には、MSWの存在を知らない人も多く「病院にこんな相談をできる人がいたんだ」と言われることもしばしばですが、患者や家族から「あなたがいて良かった」と思っていただけるよう日々頑張っています。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

患者や家族の利益につなげながら
MSWの存在価値を高めていく。

門岡 高太郎さん

医療法人社団東光会 戸田中央総合病院勤務(埼玉県)

2002年 福祉援助学科 老人福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士、認定医療福祉士

関係機関に働きかけ誰もが医療を受けられる環境を。

急性期病院で、医療ソーシャルワーカー(MSW)として勤務しています。仕事の約9割が退院支援で、経済的な問題に関する相談、がん相談などを受けています。また、部署の責任者として、組織運営や部下の指導・育成や、グループの医療福祉部という組織で採用や研修の企画に携わっています。特に急性期病院は、多様な生活者に対する支援を経験でき、その方々の人生や価値観に触れられる場所。例えば、戸籍上では亡くなっているとみなされる方や、健康保険証もお金もない、という方に介入することもあります。このように、教科書通りではないケースでも、適切な関係機関と連携して、誰もが安心して医療を受けられるような環境づくりを推進していくのが、私たちの役割だと思います。

MSWの存在価値を高めて仲間とともにアクションを。

今、力を入れて取り組んでいることは、周辺のMSWとの顔の見える関係づくりです。そのため、自らが音頭を取って定期的な研修会を開始しました。2014年の開始時は7機関の参加でしたが、4年が経過した今では20機関を超えるまでに成長しました。情報交換をしながら、地域に何かアクションを起こしていきたいと議論しています。また、MSWとしての専門性を高めていく場として「公益社団法人埼玉県医療社会事業協会」の理事としても活動しています。常に学ぶ姿勢を忘れず、一人ひとりの支援の質を高めていくこと。これこそが、MSWの地位を築くために大事なことだと感じています。

自身の根幹となる「福祉観」を養ってほしい。

高齢者が急速に増え続けている反面、病院の病床数は国の主導で削減されつつあります。そのため、看取りの場が病院だけだと限界に達するのは必然。地域医療に携わる者として、どのように地域と連携していくべきかを模索しています。以前はお金にならないといわれていたMSWですが、偉大な先輩たちが国に働きかけてきた結果、「社会福祉士」がコストを算定できる時代になりました。医療の中で福祉職としてその専門性をしっかりと発揮していくために、大学で福祉の基礎や理念を学び、実践力を養ってください。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル
  • 医療の分野で働きたい
    福祉援助学科 保健福祉コース 医療福祉履修モデル 精神保健福祉履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス