JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE4 患者支援 安心して治療が受けられる環境を整え、患者さんの不安を解消

患者や家族の思いに寄り添い
一緒に考えていきながら
退院後の暮らしを
支援すること。

髙橋 夏美さん

成田赤十字病院 医療社会事業課勤務(千葉県)

2016年 福祉援助学科 保健福祉コース卒業
■取得している資格:社会福祉士

治療を終えた患者の今後の生活を
ご家族と一緒に考えていく。

急性期病院の医療ソーシャルワーカーとして、整形外科・形成外科の病棟を担当しています。骨折やケガなどで治療を終えた患者のリハビリ転院や、施設との連絡調整、自宅退院への準備など、今後の生活の場所をご家族と一緒に考えていく仕事に携わっています。出勤後、8時30分に申し送りを行い、その後は患者やそのご家族と面談を行ったり、看護師の方々との退院支援カンファレンスで話し合ったりし、16時にはその日の動きを電子カルテに記録して退勤となります。

患者やその家族の今後を
心から親身になって最善の方策を探る。

今の課題は、治療を終えた方には適切な療養先へ行っていただきたいという病院側の考えと、もう少しこの病院にいたいという家族の思いの間で板挟みになることです。ご家族の思いをお聞きすることも大切ですが、一方で治療後は適切な療養先へ移っていただかないと、急性期病院としての機能を十分に果たすことができません。実際に当院での治療を終えた患者のご家族で「年齢を考えると終の住処になるかもしれないので、次の行先をそう簡単には決められません」と、とても悩まれていたケースもありました。私はご家族に次の行先の案を提示して一緒に考えていたつもりでしたが、その家族の表情はとても焦っていました。私はその瞬間、患者やそのご家族の今後について心から親身になって考えることができているのだろうかと、深く省みました。

どんなことに悩み、苦しんでいるのかを
知ろうとする姿勢は一番大切なこと。

医療ソーシャルワーカーとして最も大事にしなくてはいけないのは、病院の職員としての立場を考えることより先に、患者や家族の思いに寄り添い一緒に考えることを再認識しました。日々の業務で悩むことも多いのですが、そんなときに思い出すのが、社大の先生や仲間と語り合った福祉への熱い思い。患者やご家族の言葉や表情などから、その方が今どんなことに悩み苦しんでいるのかを分かろうとすることが、私たちにとって一番大切なことです。私にとって福祉とは、人生において希望をなくしている人にもう一度希望を持ってもらうお手伝いができるものだと思っています。この気持ちを胸に、「この人に相談して良かった」と思ってもらえる、医療ソーシャルワーカーになれるよう頑張ります。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

医療福祉の発展に取り組み
必要な人に必要な支援が
届く社会へ。

中井 正江さん

前橋赤十字病院 医療社会事業 課長(群馬県)

1987年卒業
■取得している資格:社会福祉士、精神保健福祉士、
介護支援専門員、産業カウンセラー、認定医療社会福祉士、
認定社会福祉士(医療分野)

顕在化する課題に対し適切に支援する重要性を感じる。

急性期病院で医療ソーシャルワーカーとして働いています。12名のスタッフとともに、急性期治療が終了した後にどこでどのように過ごすかといったご相談や、子育て支援の相談など、妊産婦から高齢者までの幅広い相談に対応しています。最近では、患者やご家族に病気やケガで顕在化した課題や、新たに発生した心理的、社会的、経済的な課題についての援助相談が増えているように感じます。このように急性期病院は、患者さまの「潜在的」な課題が「顕在化」する(確率の高い)場所だといえます。

各所と連携して、福祉の立場から
社会を支える必要性がある。

特に最近は、子どもの貧困問題に関心を持っています。「貧困」と「不適切・不十分な養育」は関連しているように思うことが多く、さらにそれは親の世代から連鎖していることもあるように感じます。このような連鎖をくいとめるために、生まれながらに環境が異なる子どもの養育や教育を、社会がどれだけ適切に提供できるかが今後の課題だと感じ、必要な人に必要な支援が届く社会にしていかなければ、と考える日々を送っています。また、5年ほど前から群馬県医療ソーシャルワーカー協会の会長として、医療ソーシャルワーカーの資質向上や地位向上を目指して医療福祉の発展にも取り組んでいます。

社会福祉の理念を心に刻んで
自らの力を社会に貢献していく。

医療は「治す」時代から「治し生活する」時代へ。医療のなかで社会福祉の視点を持った医療ソーシャルワーカーの役割はますます重要になると予想されますし、これからもさまざまな方と連携しながら支援に努める必要性を感じています。人々の幸福を追求していく社会福祉の仕事は、とてもやりがいのある仕事です。人との積極的な関わりを持つため、うまくいけば直接「ありがとう」と言っていただけます。しかしながらうまくいくことばかりではありません。学生時代から積極的にいろいろな方と関わり、謙虚さと丈夫な心身(タフネス)を醸成してほしいと思います。

※掲載情報は2016年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル
  • 医療の分野で働きたい
    福祉援助学科 保健福祉コース 医療福祉履修モデル 精神保健福祉履修モデル

2015年度アーカイブ

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス