JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

  • カリキュラムの方針と構造

  • ※カリキュラム表及び科目名は、変更になる場合があります。

◆カリキュラムの方針

2016年度から、高度な実践力を備えたソーシャルワーカーを養成するアドバンスソーシャルワークコースと、福祉組織の管理運営や法人経営を学ぶ福祉ビジネスマネジメントコースを一本化し、多くの実践現場で求められる「福祉人材の育成と管理」を中核に据えて再スタートを切りました。自らの実践を省察することを教育の中核に置きます。質の高い福祉実践に有益な知識や理論を獲得したうえで自らの実践を振り返り、記述し、概念化し、評価し、次なる実践に結びつける、このサイクルを意図的に展開できる人材の育成をカリキュラム方針に据えています。

◆カリキュラムの構造

  • ※「SW」はソーシャルワーク、「SV」はスーパービジョンの略です。

  • 研究大学院との合同授業

福祉基盤 福祉専門職として習得しておくべき基礎知識や共通基盤を再確認します。 ジェネリックSW 人のからだと疾病 法と権利と責任 権利擁護と成年後見 福祉アドミニストレーション 社会保障総論 福祉政策研究

分野専門 6分野から構成されます。特定分野を集中的に学ぶ、複数分野を学び視野を広げる、どちらも可能です。

SWの理論と方法 SWアプローチ SW面接技法 コミュニティSW 家族療法 SW理論研究

子ども家庭支援 児童虐待対応SW スクールSW 社会的養護実践論 制度と動向 理論と方法 子ども家庭福祉研究

障がい者支援 発達障がいの理解と支援 地域移行支援SW 理論と方法 制度と動向 障害福祉研究

高齢者支援 在宅療養支援 理論と方法 制度と動向 高齢者保健福祉研究

地域・医療支援 司法福祉 生活困窮者支援 患者・家族の理解と退院計画 地域福祉と地域ケア 地域福祉研究

福祉経営 ニーズとイノベーション リスクマネジメント レジデンシャルサービスマネジメント 福祉会計 Ⅰ 福祉会計 Ⅱ 社会福祉法人会計

福祉基盤 福祉専門職として習得しておくべき基礎知識や共通基盤を再確認します。 ジェネリックSW 人のからだと疾病 法と権利と責任 権利擁護と成年後見 福祉アドミニストレーション 社会保障総論 福祉政策研究

分野専門 6分野から構成されます。特定分野を集中的に学ぶ、複数分野を学び視野を広げる、どちらも可能です。  SWアプローチ SW面接技法 コミュニティSW 家族療法 SW理論研究 子ども家庭支援 児童虐待対応SW スクールSW 社会的養護実践論 制度と動向 理論と方法 子ども家庭福祉研究 障がい者支援 発達障がいの理解と支援 地域移行支援SW 理論と方法 制度と動向 障害福祉研究 高齢者支援 在宅療養支援の方法 理論と方法 制度と動向 高齢者保健福祉研究 地域・医療支援 司法福祉 生活困窮者支援 患者・家族の理解と退院計画 地域福祉と地域ケア 地域福祉研究 福祉経営 ニーズとイノベーション リスクマネジメント レジデンシャルサービスマネジメント 福祉会計Ⅰ 福祉会計Ⅱ 社会福祉法人会計

分野事例研究 自らの実践、先進事例、ケースメソッドを用いて、理論と実践の統合を目指します。 子ども家庭福祉Ⅰ 子ども家庭福祉Ⅱ 障がい者支援Ⅰ 障がい者支援Ⅱ 高齢者支援Ⅰ 高齢者支援Ⅱ 地域・医療Ⅰ 地域・医療Ⅱ 人的資源管理 福祉経営

福祉人材の育成と管理 人と組織の理解、ソーシャルワーク・スーパービジョン、人材育成の3分野から構成されます。 人的資源管理論 人事制度の設計と運用 組織行動論 労働法規 職場のメンタルヘルス ソーシャルワーク・スーパービジョン 個別SV SV概論 グループSV 人材育成 インタープロフェッショナルワーク 福祉人材育成論 チームマネジメント

福祉人材の育成と管理 人と組織の理解、ソーシャルワーク・スーパービジョン、人材育成の3分野から構成されます。 人的資源管理論 人事制度の設計と運用 組織行動論 労働法規 職場のメンタルヘルス ソーシャルワーク・スーパービジョン 個別SV SV概論 グループSV 人材育成 インタープロフェッショナルワーク 福祉人材育成論 チームマネジメント

実践研究 講義や演習で得た知識を活かしながら、自らの実践上の課題に取り組み、実践課題研究報告書としてまとめます。 専門演習Ⅰ 専門演習Ⅱ 実践課題研究Ⅰ 実践課題研究Ⅱ