MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 社会事業研究所の活動 > 研究事業一般 > (学内共同研究)社会福祉施策・高度先進研究事業 > 平成26年度

平成26年度

福祉系大学・大学院・養成校卒業者のキャリア形成と大学・大学院の役割に関する調査研究
~力量のある上級ソーシャルワーカー育成に向けて、科学的根拠に基づく実践(EBP)プログラムおよび実践家参画型プログラム評価への教育ニーズに焦点を当てて~

研究代表者氏名 社会福祉学部 教授 大島巌
研究課題 福祉系大学・大学院・養成校卒業者のキャリア形成と大学・大学院の役割に関する調査研究

~力量のある上級ソーシャルワーカー育成に向けて、科学的根拠に基づく実践(EBP)プログラムおよび実践家参画型プログラム評価への教育ニーズに焦点を当てて~
研究結果の概要 準備中
研究成果の活用

・提供予定
準備中
研究成果物 2014 年度日本社会事業大学学内共同研究・社会福祉政策・高度先進研究事業報告書日本社会事業大学卒業者のキャリア形成と福祉系大学の役割に関する調査研究報告書(第四報)〜大学院社会福祉学研究科修了者のキャリア形成と大学の継続教育の役割〜

地方自治体における福祉ニーズとその対応の実態
―プログラム評価の観点からのアプローチ―

研究代表者氏名 社会事業研究所 准教授 贄川信幸
研究課題 地方自治体における福祉ニーズとその対応の実態
―プログラム評価の観点からのアプローチ―
研究結果の概要 準備中
研究成果の活用

・提供予定
準備中
研究成果物 準備中

ハンセン病対策に関する教訓を踏まえた基礎的研究

研究代表者氏名 社会福祉学部 教授 藤岡孝志
研究課題 ハンセン病対策に関する教訓を踏まえた基礎的研究
研究結果の概要  ハンセン病対策研究については、既に検証会議がおこなわれ、各分野の専門家によって最終報告書が出されている。また、ハンセン病裁判の裁判記録も出版され、その細かな検証もさらなる課題となっている(研究所にて閲覧可能)。その中にあって、今回の共同研究では、広く子ども領域、特に未感染児童に関する課題に焦点を当てて、掘り下げていった。
 そこで、まず、子ども関係の文献がどのように出版・報告されているかということを、メタアナリシス手法を用いて、網羅的に探索していった。その結果、「無感染児童」、「学校登校差別」、「誕生死」などのキーワードを発見することができた。また、それらを図にすることで、それぞれの概念を構成する関係性を概観することができた。
 そのなかで、無感染児童の課題は、療養所の中に、保育施設が造られた一定の時期に限定されていることがわかった。
 多くの子どもたちは、社会参加をすることができており、無感染児童の置かれた状況に関する研究は、その社会参加の状況を明らかにすることも意味しており、研究者としてのジレンマに関わる課題であることが改めて浮き彫りになった。
 そのことは、この領域の専門家との議論でも明らかになり、ハンセン病領域に関する研究の難しさとともに、研究者としての配慮に思い至ることが重要であることが改めて検討された。
研究成果の活用

・提供予定
 子ども領域に関する研究の整理、及びその研究のデータベース化は、今回の研究で果たすことができた。無感染児童に関する研究も含め、その研究の社会的意義、及び社会的な波及への配慮も忘れないで、今後研究を蓄積していくことが大事と考えられる。子ども領域に関する(ハンセン病領域研究における)研究蓄積は、研究所内に保存されている。
研究成果物 ハンセン病対策に関する教訓を踏まえた基礎的研究―子ども家庭福祉領域からの『ハンセン病関連研究』―
Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

戻る

このページは研究調整事務室が担当しています



ページのトップへ戻る