サービス開発型学習−新サービスの開発力を身につける−

課題

対応困難とされているニーズに対応するサービス開発を実施する

プロジェクト構成

潜在的ニーズや対応困難とされているニーズを発見し、新規サービスの開発力を身につけることを目指します。

本学の所在地である東京都清瀬市周辺の福祉施設・団体に院生を派遣し、当事者および従事者と協働で現状では実現できていないニーズを把握し、それを満たすための新たなサービスを開発し、その実現の可能性をニーズの中からつかみ、具体化します。

サービス内容だけでなく、人材のリクルートから経費の算出・調達方法まで検討します。

組織や機関が実際にプログラム内容を実行できるようになるまでを行います。

実習評価の観点

  • ニーズ分析の的確性
  • サービス企画内容の実現性

» サービス開発型学習の実習例