サービス改善型学習−課題解決力の向上を図る−

課題

所属している福祉施設・組織の抱えるサービス改善課題に対する対応策を講じます。

プロジェクト構成

福祉施設・組織の抱える現状の課題に対して対応策を検討し、課題解決力の向上を図ることを目指します。

リカレント生として施設から派遣されている院生等が、自らが所属している福祉施設・組織の抱える課題について現場と協働して分析・考察を行い、現場職員の内発的な力にその対応策や具体的な計画案を立案します。

計画作成にあたっては、サービスの提供方式、ケアの組織・環境的要因の改善の視点ならびにそれを可能とする経営上の課題にも焦点を当てます。

計画は現場で現実的に取り組めるものとします。

実習評価の観点

  • 施設や組織の抱える課題分析の的確性
  • 課題対応策の妥当性
  • 現場職員の参加度

» サービス改善型の詳細の実習例