MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 実践家のスキルアップ > 公開講座・セミナー > 講座・セミナー > その他過去の公開セミナー等 > 平成21年度

平成21年度

国際スクールソーシャルワークシンポジウム

「わが国だけではなくアジア各国においても、近年スク-ルソーシャルワークが注目されています。いずれの国においても、ほとんどの児童人口を占める学齢期の子どもたちが直面している状況は深刻だといえます。

国によって子どもたちが直面している困難には違いがありますが、お互いがそれぞれの国の子どもたちの課題について学び合い理解する機会を持つことによって、今後の協力関係を築くことを目的とするものです。

プログラム

司会 : 山下英三郞 (日本社会事業大学 教授)
9:00 開 場
9:30 挨 拶
植村英晴 (社会事業研究所所長)
9:40 基調講演
ティン・ウェイフォン (香港工科大学)
10:45 報 告
半羽利美佳 (武庫川女子大学)
11:30 報 告
サンジーバ・ラジジャ (スリランカSERVE)
12:10 昼食&休憩
13:10 報 告
ジュン・キュスク (韓国釜山大学)
13:55 報 告
ムンフジャルガル/エルデネツェツェグ (モンゴルスクールソーシャルワーク協会)
14:40 報 告
ハタ・ズルカルナインA. (マレーシア科学大学)
15:20 休 憩
15:35 報 告
シ・バイニアン (中国ソーシャルワーク教育学校協会)
16:20 報 告
タンウ・メイリン (シンガポール・ソーシャルワーカー協会)
17:00 閉会挨拶

 

ページのトップへ戻る

国際シンポジウム

「アジア型ソーシャルワーク教育の標準化・国家資格互換性にむけて」

国際シンポジウム

プログラム

9:30~ 受付開始
10:00~10:15 問題提起
「アジア型ソーシャルワーク教育研究の課題と枠組み」
大橋謙策(日本社会福祉教育学校連盟会長・日本社会事業大学学長)
10:15~12:00 日中韓報告
「コア・カリキュラムにもとづく評価枠組み」
■日本のソーシャルワーク教育から
木戸宜子(日本社会事業大学専門職大学院 准教授)
■韓国のソーシャルワーク教育から
崔太子(元サイバー大学講師)
■中国のソーシャルワーク教育から
熊躍根(北京大学社会学系副教授)
12:00~13:30 昼食休憩
午後の部 シンポジウム・討論 「アジア型ソーシャルワーク教育の発展にむけて」
13:30~16:30 コーディネーター : 
秋元 樹(国際社会福祉学校連盟(IASSW)理事・日本女子大学教授)
徐 永祥(中国社会工作教育協会副会長・華東理工大学教授)
金 聖二(環太平洋社会福祉教育連盟会長)
大橋謙策(日本社会福祉教育学校連盟会長・日本社会事業大学学長)

ページのトップへ戻る

国際比較研究 ワークショップ

「災害復興は社会をかえる」

去る10月12日下記の趣意によりワークショップショップを開催いたしました。

京都大学防災研究所グループと共同で 災害復興とソーシャルワークに関係する分野の研究者・実務家の 第一回 研究会を東京で開催します。

趣意

昨年の中国四川大地震を受けて、日本社会事業大学では、アジア福祉創造センターを中心に、復興支援のための調査研究を行っています。そのソーシャルワークの立場からの包括的な研究成果は高く評価され中国四川大学や北京大学等のソーシャルワーク国際会議に招聘され招待講演を行いました。 2009年11月3日には本学と環太平洋アジアソーシャルワーク学校連盟共催で災害復興のソーシャルワークに関する国際会議を開催します。

2010年6月には香港で開催される国際ソーシャルワーク学校連盟( ASSW ) と国際ソーシャルワーカー連盟( IFSW )の合同世界大会において日本等による災害復興のソーシャルワーク研修を行う予定です。こうした防災復興のソーシャルワークの国際連携をより強固にする必要があります。

日本において災害復興におけるソーシャルワークは新しいとりくみであり、よりよい国際支援を行うためには、国内においても災害復興分野で先行する諸分野とソーシャルワーク・社会福祉分野との総合的、学際的な 俯瞰型研究を行う必要があります。 このため国内においても災害復興の社会開発やソーシャルワークに関する豊富な経験を持つオールジャパンの研究ネットを作ることになりました。この研究会は 林 春男・京都大学防災研究所の呼びかけで 室崎 日本災害復興学会会長等のご賛同を得て京都や神戸でも継続的に開催していく考えです。

プログラム

14:00-15:30  パネル討論「 災害復興で世界をかえる 」災害復興とソーシャルワークの俯瞰型研究
司会 大橋謙策 日本社会福祉学校連盟会長 日本社会事業大学学長
パネリスト 林 春男  京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 教授
田村 圭子 新潟大学災害復興科学センター 教授
立木 茂雄 同志社大学社会学部教授

15:30-16:00  報 告  災害復興とソーシャルワークの俯瞰型研究
1 : 災害後の各段階における社会福祉対象の課題と専門職の連携
大島隆代  日本社会事業大学研究員 法政大学助教
2 : 生活再建と地域復興減災・生活復興の主体者となる住民のエンパワーメントを具現化するためのソーシャルワーク
荒木千晴  日本社会福祉会
3 : 四川大地震災害復興のソーシャルワーク 生活・住宅再建
新家増美  南京大学 副教授
16:00-17:00  総合討論
司会 林 春男  京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 教授

このページは研究調整事務が担当しています



ページのトップへ戻る