MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 学生生活 > 社大ライフ > キャンパスフォト > Campus Photo 2016

Campus Photo 2016

Campusphoto2016

2017.3.17(金)学位授与式

2016年度(平成28年度)学位授与式が行われました。社会福祉学部・大学院社会福祉学研究科・大学院福祉マネジメント研究科の卒業生・修了生が一堂に揃い、社大での学びや経験を胸に巣立っていきました。また、卒業生・修了生を笑顔で送り出す在校生がとても印象的でした。新たな門出を迎える卒業生・修了生の今後のご活躍を教職員一同願っています。

日本社会事業大学卒業式-1

卒業生の様子

日本社会事業大学卒業式02

卒業生の様子

卒業生・在校生の様子

卒業生の様子

卒業生の様子

式辞の様子(大島巌学長)

学位記授与の様子

理事長挨拶の様子

来賓紹介の様子(厚生労働省 社会・援護局長 定塚 由美子 様)

答辞の様子

【在学生の活躍】大学院博士後期課程学生がNPO法人ナルクの研修会と市民講座で調査結果を報告

本学大学院博士後期課程で、高齢者福祉をテーマに研究を進めている佐藤惟さん(指導教員:菊池いづみ教授)が、2016年11月25日、三田いきいきプラザで行われた特定非営利活動法人ニッポン・アクティブライフ・クラブ(通称ナルク)の関東地区市民後見人研修会において、同年1~2月に実施したアンケート調査の結果を報告しました。アンケートのテーマは「人生の最終章に関する希望 意識調査」というもので、近年注目を集めている「終活」への意識や、人生の最期の迎え方に関する希望等について、65歳から89歳までの会員317名の回答結果を集計・分析し、報告書を作成しています。

これに引き続いて2016年12月5日には、同団体の市川拠点が開催した市民公開講座「終活について考える」(会場:市川公民館)に招かれ、周囲の人に迷惑をかけず、自らも最期まで豊かに生きるためにあらかじめ心がけておくべき準備の内容等について、これまでの研究結果も踏まえながら、解説を行いました。

【在学生の活躍】大学院博士前期課程学生が日本子ども虐待防止学会第22回学術集会で口頭発表

本学大学院博士前期課程で、子どもの虐待をテーマに研究を進めている三田侑希さん(指導教員:有村大士准教授)が日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)主催の「日本子ども虐待防止学会 第22回学術集会 おおさか大会」(会場:大阪国際会議場)にて「マルトリートメント家庭における家族支援のあり方についてー子ども虐待死亡事例の2次分析からー」というテーマで口頭発表をしました。

子ども虐待の死亡事例の中には、継続してリスクが低いと判断されたまま死に至った事例が存在しています。本発表では、なぜ家庭が揺れ動いているにも関わらずリスクが低いという判断が継続したかについて、各自治体がとりまとめた報告書から2次分析を行い、今後の支援のあり方について発表しました。

【在学生の活躍】大学院博士課程学生が性的マイノリティに関するソーシャルワークをテーマとした研究成果を全国社会福祉教育セミナーで報告

本学大学院博士後期課程で、同性愛など性的マイノリティに関するソーシャルワークを研究している社会福祉士・精神保健福祉士の加藤慶さん(主指導教員:北島英治特任教授・副指導教員:小原眞知子教授)が、日本社会福祉教育学校連盟・日本社会福祉士養成校協会・日本精神保健福祉士養成校協会が主催する「全国社会福祉教育セミナー」(会場:淑徳大学)にて、国連や米国などの取り組みやソーシャルワークのグローバル定義をもとに、性的マイノリティに関する、これからの日本のソーシャルワーク実践と専門職教育のあり方についての研究成果を発表します。性的マイノリティの尊厳や社会運動を象徴するレインボーが、今回のセミナーのポスターデザインにも用いられています。

【概要】
第46回全国社会福祉教育セミナーでは、「ソーシャルワーク教育の新たな発展をめざして」をテーマに、淑徳大学千葉キャンパスを会場として10月29日(土)・30日(日)の二日間にわたって開催されます。セミナーの第一分科会において、本学大学院博士後期課程の加藤慶さんが、性的マイノリティに関するソーシャルワークや専門職養成の仕組みのあり方についての研究成果を発表します。

1.大会テーマ:『ソーシャルワーク教育の新たな発展をめざして』
2.会期:2016年10月29日(土)・30日(日)
3.会場:淑徳大学千葉キャンパス
4.参加申込・詳細は日本社会福祉士養成校協会サイトより(http://www.jascsw.jp/seminar/このリンクは別ウィンドウで開きます

第一分科会: 10月30日(日) 10:00〜12:00
『性的マイノリティ(LGBTQ など)に関するソーシャルワークのあるべき姿』
~ソーシャルワーク専門職のグローバル定義と人権の視点から考える~
■コーディネーター : 北島 英治 (日本社会事業大学)
■発題者 :
ヴィラーグ・ヴィクトル(日本社会福祉教育学校連盟事務局)
加藤 慶(日本社会事業大学大学院 社会福祉士・精神保健福祉士)
尾辻 かな子(元参議院議員・元大阪府議会議員 社会福祉士・介護福祉士)

2016.9.29(木)9月卒業式・学位授与式

本学において、大嶋巌学長をはじめ、各研究科長、学部長等出席のもと、9月卒業式・学位授与式を挙行しました。式辞、学位記授与、祝辞、修了・卒業生の抱負、記念撮影が行われ、卒業の喜びを分かち合っていました。

学位授与式-1

学位記授与の様子

学位授与式-2

学位記授与の様子

学位授与式-3

祝辞の様子

学位授与式-4

記念撮影の様子

2016.9.11(日)合同説明会

研究大学院・専門職大学院・通信・学部編入を検討中の方が対象となる、合同説明会を実施しました。当日は、各課程の概要説明、入試説明、個別相談、最新資料配布(過去問題、入学試験要項・願書等)のプログラムを通じて本学のことをお伝えしました。個別相談では、本学の教職員が個別に疑問・質問にお答えしています。ご検討中の方は10月以降も開催しますので気軽にご来場ください。

合同説明会

合同説明会

2016.8.10(水)パラリンピック水泳日本代表の小山恭輔選手(本学卒業生)が来校しました

2016年8月10日、パラリンピック水泳日本代表の小山恭輔さん(社会福祉学部/福祉援助学科卒業)が本学清瀬キャンパスに来校しました。教職員が集まり、小山選手を激励しエールを送りました。

【出場種目】50mバタフライ/50m自由形

【成績】
・2008年 北京パラリンピック 50mバタフライ 銀メダル
・2012年 ロンドンパラリンピック 50mバタフライ 銅メダル
・2015年 ジャパンパラ水泳競技大会 50m自由形 優勝/50mバタフライ 優勝
・2015年 日本選手権 50m自由形 優勝/100m自由形 優勝/50mバタフライ 優勝
(出典:日本財団パラリンピックサポートセンターHP)

パラリンピック出場小山恭輔選手

(前列左から2番目)小山恭輔選手

2016パラリンピック出場小山氏2

オープンキャンパス2016

オープンキャンパスでは、体験学習や模擬演習、キャンパスツアーや個別相談など、様々なプログラムを通じて本学のことをお伝えしています!福祉に興味がある方や検討されている方などはぜひ一度本学のオープンキャンパスにお越しください!
 

日本社会事業大学オープンキャンパス-体験学習

体験学習「やってみよう:知って得する力のいらない介護技術」 佐々木 由惠 先生

日本社会事業大学オープンキャンパス-在学生個別相談

「在学生個別相談」・・・OCスタッフが首にかけているネームプレート、実は紐の色で入試区分が違います。推薦:オレンジ、一般:緑、センター利用(併用):赤となっています。

日本社会事業大学オープンキャンパス-合格体験談

「合格体験談」受験に向けてのモチベーションUPに!

日本社会事業大学オープンキャンパス-模擬演習

模擬演習 「相談援助者に求められる4つの力」 菱沼 幹男 先生

日本社会事業大学オープンキャンパス―キャンパスツアー

「キャンパスツアー」 社大の名所をOC委員が心を込めてご案内!

日本社会事業大学オープンキャンパス

個別相談会場の壁にはコース別の掲示物などもあります。是非参考にしてください。

日本社会事業大学オープンキャンパス-学長講演

「学長講演」社大の魅力やソーシャルワークについて

日本社会事業大学オープンキャンパス-OC委員

OC委員・・・今日も一日お疲れ様でした。受験生の皆さんと春にお会い出来るのを楽しみにしています。

2016.4.5(火)入学式

2016年4月5日、本学清瀬キャンパスにおいて2016年度入学式が厳粛かつ盛大に挙行されました。社会福祉学部・社会福祉学研究科・福祉マネジメント研究科の新入生、およびご父母の皆さまが集まり、本学講堂はフレッシュな顔ぶれでいっぱいになりました。満開の桜の中、新入生を迎え入れ、新しい大学生活のスタートを切りました。

20160405入学式1

20160405入学式2

20160405入学式3

20160405入学式4



ページのトップへ戻る