ホーム > 教育プログラム > 専門職大学院 > Topics > 2021年度 > 【専門職大学院】2022年度専門職大学院の授業等実施方針について

【専門職大学院】2022年度専門職大学院の授業等実施方針について

現在決定している2022年度の授業等実施方針を以下に掲載しました。随時変更する場合がございますのであらかじめご了承ください。

1.授業の実施方法について
・木曜日→オンラインのみ授業
 金曜日→年間36日の授業があり、このうち12日程度はハイブリッド授業、それ以外はオンラインのみ授業
     ※Zoomと対面、どちらで受講するかはコマ単位で決めて差し支えありません
 土曜日→対面のみ授業。月に1回の頻度で授業のない土曜日あり。
     ※ キャンパスの教室の収容人数の関係から、科目単位で対面受講の意向を事前に確認します。多くの院生が対面を希望される場合、事前調整を行う可能性があります。

・木曜日並びに金曜日6~7時限の授業は19:00~22:10(日によって終了時間には変動があります)の予定です。
・感染症拡大等、社会情勢の変化により、金曜日をオンラインのみに、土曜日をハイブリッドもしくはオンラインのみに変更する場合があります。

2.専門演習Ⅰ・専門演習Ⅱの実施方法について 
・専門演習Ⅰ、専門演習Ⅱは対面を原則とします。
・金曜日の演習は 13:00~17:50、土曜日の演習は 13:30~18:20 です。
・長期履修生(22年度入学生の1年目)については専門演習Ⅰの総時間数の3分の1(15 回のうち 5 回)まではオンラインでの受講を出席扱いとします。
・長期履修生(21年度入学生の2年目)については専門演習Ⅱの総時間数の3分の1(15 回のうち 5 回)まではオンラインでの受講を出席扱いとします。
・1年履修生(22年度入学生)については専門演習Ⅰと専門演習Ⅱを合わせて総時間数の3分の1(30 回のうち 10 回)までは オンラインでの受講を出席扱いとします。
・感染拡大等、社会情勢の変化によりオンラインのみの演習に変更する場合があります。
・この場合、総時間数からオンラインのみの時間数を差し引いた時間数の3分の1までは、オンラインでの受講を出席扱いとします。

3.中間報告会・最終報告会の実施方法について
・中間報告会ならびに最終報告会は対面を原則とします。
・感染拡大等、社会情勢の変化によりハイブリッドもしくはオンラインのみに変更する場合があります。

4.2022年度時間割(暫定版)について 
・12月中にHPにアップする予定です。

専門職大学院


〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
COPYRIGHT © JAPAN COLLEGE OF SOCIAL WORK ALL RIGHTS RESERVED.