JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

特徴1 国内で最も歴史のある福祉専門大学特徴1 国内で最も歴史のある福祉専門大学

  • Chief director's Message
  • 学長からのメッセージ

理事長 潮谷 義子

わが国で
最も歴史ある
福祉専門大学として

理事長

名取 はにわ

Profile

内閣府男女共同参画局長
内閣府情報公開・
個人情報保護審査会会長代理等を歴任
瑞宝中綬章 授章

本学は昭和21年、日本で最初の福祉専門大学として誕生しました。当時は、社会福祉事業が、社会事業と言われておりました。日本社会事業大学という名称は、創設者達の社会福祉に対する意気込みを今に伝えています。

戦後の混乱により極めて困窮していた国民生活の向上を期するためには、優れた福祉人材養成こそが急務であるとして設立された本学は、以後70年以上の歴史を刻んで参りました。この間、社会のニーズに応えて、情熱と見識を備えた多くの人材を育て、福祉の様々な分野に送り、社会の発展に寄与してまいりました。

学び巣立った多数の卒業生の存在は、本学の大きな宝です。本学で苦労を分かち合い、育まれた友情の絆は、世代を超えた信頼関係を生み、学生の教育や就職後のスキルアップに大きな力となっています。
輝かしい伝統と素晴らしい環境に恵まれた本学に、福祉を志す多くの方々が、学びに来てくださいますことを期待しています。

  • Chief director's Message
  • 学長からのメッセージ

理事長 潮谷 義子

一人でも多くの人びとが
「よりよく生きる」ために
社会福祉のリーダーを
養成する大学として

学 長

横山 彰

Profile

博士(経済学)(慶應義塾大学)、専門:財政学、経済政策、公共選択
慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
城西大学経済学部教授、中央大学総合政策学部教授などを経て、2021年4月より本学学長
日本経済政策学会会長、日本財政学会代表理事、東京都税制調査会会長などを歴任

日本社会事業大学は、第二次大戦直後の1946年に、政府からの委託を受けて、社会福祉・ソーシャルワークの専門教育機関として創立されました。その戦前の源流は、1908年に設立された中央慈善協会と1924年に改組・改称された財団法人中央社会事業協会の社会事業専門家を養成する講習会・研究生制度にまで遡ることができます。

日本社会事業大学の誇りは、日本で最も古い社会福祉の専門大学として、政府から委託された大学としての使命をもって、日本の社会福祉をリードした人材を多数養成してきたことにあります。

少子高齢化とともに社会的孤立の問題を抱える日本社会では、コロナ禍で新たな日常へと変容したこともあり、多くの人びとが生きづらい状況におかれています。そうした状況にある人びとがそれぞれの考えに基づき「よりよく生きる」ために、他者を思いやる心をもった指導的な福祉人材を養成するという日本社会事業大学の使命は、今日ますます重要になっています。

こうした使命を果すために、日本社会事業大学は社会福祉学部に加え、大学院として社会福祉学研究科および日本で唯一の福祉専門職大学院である福祉マネジメント研究科を設置するとともに、通信教育科と附属子ども学園を設けて、総合的な社会福祉の大学として先進的な研究・教育体制を整えています。

生きづらい状況におかれている人びとに温かい手を差し伸べたいと志す多くの皆さんが、本学で学び合い、幅広い世代の多数の先輩とのご縁のもと社会福祉のリーダーとなって、一人でも多くの人びとが「よりよく生きる」ために、お力を発揮していただくことを願っています。

日本で唯一の厚生労働省委託大学

日本社会事業大学は、厚生労働省の委託を受けて指導的社会福祉従事者の養成を行っている日本で唯一の大学です。福祉系大学のモデル的役割を果たす存在として、未来を見据えた社会福祉教育の拠点となっています。

  • Our History
  • 日本社会事業大学の沿革

日本の社会福祉と共に進化し続ける社大の専門力

本学の源流・1946年(昭和21年)

本学の前身、日本社会事業学校が開校

GHQが戦後改革を進める中、同年公布された日本国憲法25条(生存権)の基本理念を踏まえ、生活保護法などの新しい社会福祉制度が専門的訓練を受けた人材によって運営されることが求められました。そのため厚生労働省(旧・厚生省)の委託を受け、日本初の福祉専門校として開校したのが、本学の前身となる日本社会事業学校です。
※東京都牛込区原町に開校

1958年(昭和33年)

学校法人日本社会事業大学が誕生

日本社会事業専門学校(1947年)、日本社会事業短期大学(1950年)を経て、大学に昇格。福祉事務所、児童相談所などにおけるソーシャルワーカーなど、主に行政分野での福祉のリーダーの養成を担うことになりました。
※1948年、東京都渋谷区原宿(現・神宮前)に校舎移転

学校法人日本社会事業大学が誕生

1960年代後半以降

高齢者問題、障害者問題などに対応するため、専門的な知識と技術を修得した多数の社会福祉施設職員の養成が急務に。本学も行政分野にとどまらず、社会福祉施設などで活躍する福祉のリーダー養成にも全力を傾けるようになりました。

1989年(平成元年)

東京都清瀬市に移転、規模拡大

「社会福祉士及び介護福祉士法」が1987年(昭和62年)に制定され、社会福祉施設職員の量的拡大と質的向上がより一層、求められるように。本学も、学部定員を50名から200名に増員し、さらに大学院修士課程を開設。厚生労働省(旧厚生省)の委託のもと、全国に新設された福祉系大学のモデル校としての役割を果たすことになりました。

大学院社会福祉学研究科 博士後期課程設置
大学院社会福祉学研究科 博士後期課程設置

1994年(平成6年)

大学院社会福祉学研究科 博士後期課程設置

今までの修士課程が博士前期課程に、博士課程が博士後期課程として位置づけられ、修士・博士課程の一貫教育体制が確立。福祉のリーダーを養成する専門大学が完成しました。

2000年(平成12年)

日本社会事業学校に社会福祉士通信教育課程設置

2004年(平成16年)

福祉マネジメント研究科(専門職大学院)を開設

少子高齢化が進行する21世紀の福祉現場では、複雑な課題に対処できる高度な実務能力を持った福祉専門職が求められます。このような人材を養成するため、日本で初めての福祉専門職大学院として本学大学院に福祉マネジメント研究科を設置しました。

福祉マネジメント研究科(専門職大学院)を開設

2016年(平成28年)11月

日本社会事業大学 創立70周年

本学は、人間の尊厳保持という原点を踏まえながら、高度情報化・国際化・専門多職種連携などの新たなニーズにも対応できる人材の養成に向けて、常に変革と発展を続けます。

日本社会事業大学 創立70周年

2018年(平成30年)4月

学長室設置

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

入試・オープンキャンパス