JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

子どもと家族、学校生活をサポート

子ども・家庭福祉コース

コースの特長

子どもと家庭、学校生活の諸問題をサポートする
ソーシャルワーカーを養成

今、児童虐待やいじめ、不登校など、子どもが抱える諸問題に取り組む専門家が求められています。子どもの心身の発達や現代の家庭環境などをふまえ、子どもと家族を支援できる専門的知識と援助力を身につけたソーシャルワーカーの育成を目指します。

社会福祉士の視点から学べるのが
日本社会事業大学ならではの魅力

社会福祉士の視点から子どもへの支援を学べるのは日本社会事業大学ならでは。個々の家庭だけでなく、学校内外の関係機関との連携や、地域のネットワークづくりにも貢献できる幅広い視野を持った人材を養成します。

主な職場・職種

保育士/児童福祉司/母子指導員/スクールソーシャルワーカー/児童指導員

モデル別履修科目

  • 子ども・家庭福祉履修モデル

    子どもと家庭に関わるソーシャルワークに関して、基本的な知識と理論を学ぶ。

    児童ソーシャルワーク履修モデル

    虐待やいじめなどの問題に取り組むソーシャルワーカーを養成する「児童ソーシャルワーク課程」の修了認定が受けられる。

    子育て支援履修モデル

    保育士資格の取得と、本学独自の「児童ソーシャルワーク課程」の修了認定が受けられる。

    保育士履修モデル

    ソーシャルワークを学びながら、ケアワーカーとしての保育士の資格取得を目指す。

    スクールソーシャルワーク履修モデル

    いじめや不登校など、学校をとりまく課題に特化したスクールソーシャルワーカーを目指す。

    履修モデルについて詳しくはこちら

  • 松本 真奈さん

    福祉援助学科 子ども・家庭福祉コース 3年
    埼玉県私立浦和学院高等学校 出身

  • 「子どもの福祉」には、
    さまざまな観点、取り組み、
    支援があることを
    学びました。

    オープンキャンパスで、「学校からのお知らせや先生、先輩とのつながりから福祉関係のボランティア先などがとても見つけやすい」と聞き、実践の場にも困らないと感じられたため日本社会事業大学を選びました。おもしろかった授業は、社会の認識と国際理解XV「情報保障」です。授業では聴覚障がいのある吉川あゆみ先生の手話を、手話通訳を介して理解します。情報保障を受ける立場になるのは新鮮で、実際にろう学校にも行き、現場を知る機会を得ました。将来は、公務員などの立場から子どもの支援に携わりたいです。現場を知るためにボランティア活動なども積極的に行い、実践に基づいた自分の意見を持つようにしています。就職活動に向けた勉強も始めています。

私が選んだ

授業

My Choice

社会の認識と国際理解XV「情報保障」

授業を担当する吉川あゆみ先生が手話で講義を進めます。そのため、手話を知らない学生は通訳を介した情報に頼ることになり、“情報保障”の意味や大切さについて、身をもって理解でき、勉強になったと感じました。

私が選んだ

ゼミ

My Learning

子ども家庭福祉を中心としたソーシャルワーク研究
〈 有村 大士先生 〉

3、4年合同のゼミで、3年次は参考のために先輩の卒業論文報告を聞くほか、発表の機会も前期・後期に1回ずつあります。発表後は先輩や先生から質問や意見がもらえるので、卒業論文の模擬演習にもなりました。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス