JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

障がいのある方の社会生活を支援

保健福祉コース

豊かな人間性を育てながら障がいのある方の支援を目指す

要援助者の気持ちを考え、障がいのある方の主体性を尊重しながらサポートし、解決に向けて多方面からアプローチできる力を養います。講義やグループ学習はもちろん、現場で働く先輩から直接話を聞き、日常生活におけるさまざまな課題、心身の健康や社会生活上のニーズの把握を目指します。

関係機関と連携しリーダーシップを発揮する

保健医療の専門家とチームを組んで行う支援のための専門的知識や援助について学ぶことも可能です。さまざまな人や機関と連携し、リーダーシップをとることのできる人材を目指します。

想定される職場・職種

医療ソーシャルワーカー/精神科ソーシャルワーカー/生活相談員(ケースワーカー)/特別支援学校教員

モデル別履修科目

  • 高齢者履修モデル

    地域・家族・当事者への働きかけから、豊かな高齢化社会構築の手がかりを学んでいく。

    障がい者履修モデル

    障がいの種別や年代の枠を超えたハンディキャップへの、包括的アプローチを学習する。

    医療福祉履修モデル

    保健医療サービスと連携しながら、健康と生活の再設計を支援する福祉援助のあり方を学習。

    精神保健福祉履修モデル

    精神障がいのある方の自立と社会参加を支援する、精神保健福祉士を目指す。

    特別支援教育履修モデル

    本学では「特別支援(聴覚)」の免許が取得可能。日本初の、日本手話に特化した教職課程。

  • 福祉援助学科4年保健福祉コース
    栃木県立栃木翔南高等学校出身

    舘野 久美子さん

  • その人らしい生活を
    一緒に考えながら支援したい

    高齢者の独居に興味を持ったことから、入学を考えるようになりました。オープンキャンパスに訪れた際、先輩方の丁寧な対応や、緑豊かな場所は学ぶのに良い環境だと直感。実際に学んで感じることは、専門性だけで支援するのではなく、相手が必要としているものが何かを考えること。今は興味があることを幅広く学んで知識をたくさん吸収したいです。

  • 福祉機器活用法

    福祉機器・福祉用具の活用、調整や適合に関する基本的な知識と技術を演習を通じて学びます。クライアントの尊厳を守り、その人らしい生活を実現するために福祉機器を活用する視点を理解します。

  • 精神保健福祉論Ⅲ

    精神障がいのある人たちの現状を理解し、援助プログラムや活動が当事者の立場でどう評価されるか、普及・発展させるにはどうすれば良いのか、ソーシャルワーカーがどう関わるかを学びます。

  • 高齢者の課題と
    現状について
    意見を交わす

    老人福祉論、介護過程の展開と実践などが専門の森先生のゼミで、高齢者の一人暮らしについて考察しています。卒業研究のテーマは「災害と高齢者」。学生同士のディスカッションも毎回参考になっています。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス