JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

障がいのある方の社会生活を支援

保健福祉コース

コースの特長

豊かな人間性を育てながら障がいのある方の支援を目指す

要援護者の気持ちを考え、障がいのある方の主体性を尊重しながらサポートし、解決に向けて多方面からアプローチできる力を養います。講義やグループ学習はもちろん、現場で働く先輩から直接話を聞き、日常生活におけるさまざまな課題、心身の健康や社会生活上のニーズの把握を目指します。

関係機関と連携しリーダーシップを発揮する

保健医療の専門家とチームを組んで行う支援のための専門的知識や援助について学ぶことも可能です。さまざまな人や機関と連携し、リーダーシップをとることのできる人材を目指します。

主な職場・職種

医療ソーシャルワーカー/精神科ソーシャルワーカー/生活相談員(ケースワーカー)/特別支援学校教員

モデル別履修科目

  • 高齢者履修モデル

    高齢者・その家族・地域への働きかけから、豊かな高齢化社会構築の手がかりを学ぶ。

    障がい者履修モデル

    障がいの種別や年代の枠を超えた、包括的アプローチを学習する。

    医療福祉履修モデル

    保健医療サービスと連携しながら、健康と生活の再設計を支援する福祉援助のあり方を学修する。

    精神保健福祉履修モデル

    精神障がいのある方の自立と社会参加を支援する、精神保健福祉士を目指す。

    特別支援教育履修モデル

    本学では「特別支援学校教諭一種免許状(聴覚)」の免許が取得可能。日本初の、日本手話に特化した教職課程。ろう学校や その他の特別支援学校教諭を目指す。

    履修モデルについて詳しくはこちら

  • 北村 果央さん

    福祉援助学科 保健福祉コース 3年
    長野県大町岳陽高等学校 出身

  • 「人と助け合って
    生きていくこと」が
    人生の理想です。

    お世話になった祖父母への恩返しも含め、誰かの役に立つことで自分の居場所を見出し、自分への自信になればと、福祉を意識するようになりました。コースを選んだ理由は高齢者福祉に関心があり、「高齢者履修モデル」で高齢者特有の疾患や要介護状態の理由などを基礎から学ぼうと思ったためです。高齢者の不安に寄り添い、同じ目線に立つためには必要な学びです。社会福祉士の取得に向けて、本格的な勉強は4年次から始めますが、まずは苦手な科目を知るため、過去問題集に取り組んでいます。科目数が多いので、試験対策講座は必ず参加する予定です。

私が選んだ

授業

My Choice

健康福祉増進論

学生参加型授業で、前期はさまざまな自己分析方法から自分の人間性や価値観を把握し、後期は3人1組で面談の練習を行いました。面接技術などを基礎から丁寧に学べ、自分の強みや改善点も見つけられる授業です。

私が選んだ

ゼミ

My Learning

保健医療に関するソーシャルワーク研究
〈 小原 眞知子先生 〉

学生主体のゼミで、各自が卒業論文の進捗報告を行います。オンラインでも学生同士が積極的に質問をし合い、小原先生が的確なアドバイスやコメントをしてくださるので、3年次から研究の場に触れることができます。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス