JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

福祉計画学科

[ 福祉経営コース/ 地域福祉コース]

福祉は社会を変えられる

  • 福祉経営コースと地域福祉コースの2コース体制で、社会福祉領域の専門職として新たな実践の創造と共に生きる地域社会づくりに貢献する人材を育成します。

  • 求められる人材
  • 地域福祉を通して自分らしい暮らしをつくる人材

    福祉の視点で地域社会づくりを進める人材

    社会福祉法人や福祉系企業、NPOの経営に携わる人材

    福祉専門職の立場から福祉行政を担う人材

    学校や社会福祉協議会で福祉教育に携わる人材

    バリアフリー環境の実現・開発に携わる人材

「地域共生社会」の実現における社会福祉士が担う役割

ソーシャルワークの専門職である社会福祉士には、地域共生社会の実現に向けて、社会福祉分野や他領域の専門職そして地域住民との連携・協働を図りながら多様化・複雑化する住民の生活問題に対応することが求められています。ソーシャルワークは問題に直面する人々自身が問題へ対処していく力を高めていくための関わりであり、社会福祉士は、地域で起きている問題を地域で解決していける社会を目指します。その際、人々の助け合いを重視するのは、公的機関の限界を超えるだけでなく、その関わりが差別や排除のない地域社会の力となるからです。誰もが自らが望む場所で安心して暮らし続けられるように公私の人々が協力し合う「地域共生社会」の実現に向けて、社会福祉士に期待される役割は決して小さくありません。

社会を俯瞰する視点でのソーシャルワーカーの育成

現代に生きる人々が生活を営むためには、住居や教育、保健、社会サービス、就労など、様々な制度や資源を活用していくことになります。しかし、こうした制度や資源をうまく活用できず、制度や資源が不足している場合には、その活用や開発の支援が必要であり、それを担うのがソーシャルワーカーです。そしてその際、問題が生じている状況の背景にある社会の構造やメカニズムに目を向け、根本的な改善を図ることも重要であり、目の前にいる人々の生きづらさに向き合い寄り添いながらも、社会全体を俯瞰して必要な取り組みを行っていくことが求められます。また、社会的孤立の問題は制度だけでは決して解決できるものでなく、無知による偏見や能力主義による弱者の排除をなくしていかなければなりません。ソーシャルワーカーには、問題の根源を見抜く力と改善に向かう実行力が求められます。

  • 取得できる資格

    社会福祉士国家試験受験資格

    精神保健福祉士国家試験受験資格

    高等学校教諭一種免許状(福祉)

    特別支援学校教諭一種免許状
    (聴覚障害者)

    社会福祉主事(任用資格)*

    身体障害者福祉司(任用資格)*

    知的障害者福祉司(任用資格)*

    児童指導員(任用資格)*

    *全員が卒業と同時に取得する資格

    【その他】

    認定スクールソーシャルワーク
    (教育課程指定科目)

福祉計画学科教員一覧はこちら

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス