JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

地域福祉を推進するリーダーを目指す

地域福祉コース

地域福祉の現状を広い視野で学んでいく

本コースでの学びは、地域福祉論、福祉環境論、福祉教育論、ボランティア学習の技法が中心。福祉を動かしている、1.マクロとしての社会システムや制度、2.メゾ(中間集団)としての家族や地域環境、3.ミクロとしての個別援助の3つの視点・領域での考え方を中心に学びます。

新しい福祉環境を推進するリーダーを目指す

地域福祉の現場では、保健・医療・教育・司法・労働・建設などの分野との連携が不可欠です。地域福祉の現状を学び、福祉ニーズを持つ人の在宅生活の可能性から新しい福祉環境づくりを考え、地域福祉の活性化に貢献できるリーダーとなる人材を育成します。

想定される職場・職種

公務員(福祉職・一般行政職)/ボランティア・コーディネーター/地域包括・在宅介護支援センター職員/
高等学校福祉科教員

モデル別履修科目

  • 地域福祉計画履修モデル

    自治体の社会福祉計画をもとに、高齢者や障がいのある方が地域で自立した生活を送るための施策を学習。サービス提供のシステム、医療などの他分野との連携、住民参加による計画づくりについても学ぶ。

    コミュニティ・ソーシャルワーク
    履修モデル

    支援を必要とする人のニーズを把握し、地域の福祉サービス・制度と結びつけていく福祉計画の具体的な手法を学ぶ。保健・医療機関との連携、新サービス開発、市民の福祉意識の向上についても取り上げる。

  • 福祉計画学科4年 地域福祉コース
    東京都立富士森高等学校出身

    松村 夏美さん

  • 地域の思いを引き出し
    孤立のない地域社会の
    実現に役立ちたい

    高齢者分野に興味を持って入学。実際に学ぶと、子どもや障がいのある方といった各分野との連携や、支援者やご家族も含めたあらゆる人のことを考えた支援が必要だと知り、学ぶ視野が随分広がりました。「福祉計画インターンシップ」で、地域福祉を支える社会福祉協議会の仕事に間近で触れられたのも大きな収穫!

  • 地域福祉計画論

    地域福祉の変遷や策定方法を学習し、事例を通じて地域の実情に応じた地域福祉計画のあり方について学びます。福祉活動計画についての理解を深め、必要に応じてグループワークも実施します。

  • 国際社会福祉論

    「包摂と排除」をキーワードに、国際社会が直面する多くの課題の中から、過去から現代に至るまでの代表的な課題を取り上げ、問題の実態と要因、各国での議論や取り組みなどについて多角的・複合的観点から柔軟に考察します。

  • 司法と
    社会福祉士の
    連携を学ぶ

    法学、社会福祉と権利擁護などが専門の梶原先生のゼミで、主に司法と社会福祉士の連携を学んでいます。3・4年次生合同のゼミなので、先輩から就職活動に向けたアドバイスをもらうことができました。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス