JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

地域福祉を推進するリーダーを目指す

地域福祉コース

コースの特長

地域福祉の現状を広い視野で学んでいく

本コースでの学びは、地域福祉計画論、福祉環境論、福祉教育論やボランティア学習の技法が中心。福祉を動かしている、1.マクロとしての社会システムや制度、2.メゾ(中間集団)としての家族や地域の環境、3.ミクロとしての個別援助の3つの視点・領域での考え方を中心に学びます。

新しい福祉環境を推進するリーダーを目指す

地域福祉の現場では、保健・医療・教育・司法・労働・建設などの分野との連携が不可欠です。地域福祉の現状を学び、福祉ニーズを持つ人の在宅生活の可能性から新しい福祉環境づくりを考え、地域福祉の活性化に貢献できるリーダーとなる人材を育成します。

主な職場・職種

公務員(福祉職・一般行政職)/ボランティア・コーディネーター/地域包括・在宅介護支援センター職員/
高等学校福祉科教員

モデル別履修科目

  • 地域福祉計画履修モデル

    自治体の福祉計画をもとに、高齢者や障がいのある方が地域で自立した生活を送るための施策を学習。サービス提供のシステム、医療などの他分野との連携、住民参加による計画づくりについても学ぶ。

    コミュニティ・ソーシャルワーク
    履修モデル

    支援を必要とする人のニーズを把握し、地域の福祉サービス・制度と結びつけていく福祉計画の具体的な手法を学ぶ。保健・医療機関との連携、新サービス開発、市民の福祉意識の向上についても取り上げる。

    履修モデルについて詳しくはこちら

  • 深井 佑弥さん

    福祉計画学科 地域福祉コース3年
    埼玉県私立狭山ヶ丘高等学校 出身

  • 学習支援ボランティアなどで
    教授スキルを積極的に磨いています。

    看護師をしている母が勤務先の病院で社会福祉士とかかわり、社大の良さを聞いたことが入学の決定打です。ほかにも、障がい者福祉を学べることや、特別支援学校の教員免許が取れることなどが魅力でした。一番面白い授業は、聴覚障害児指導法Ⅰで行われた、ろう学校中学部とのオンライン交流会です。授業で学ぶ手話では足りないので、物や文字を見せて視覚情報を工夫しました。オンライン上でも臨場感のある触れ合いでした。取得を目指している資格は社会福祉士、高校福祉科教員免許、特別支援学校教員免許です。すべてとるためには履修数も多く大変ですが、実習に必要な教授スキルはボランティアで磨き、7月の教員採用試験に向けて勉強を始めています。

私が選んだ

授業

My Choice

聴覚障害児指導法Ⅰ

手話と日本語のバイリンガルろう教育などを幅広く学びました。ろう学校中学部の生徒さんとの交流会は、手話以外の意思伝達方法や伝わりやすさなど、生徒さんの反応を直接見られる貴重な機会にもなりました。

私が選んだ

ゼミ

My Learning

教育福祉と福祉教育実践:若者の社会保障
〈 田村 真広先生 〉

福祉教育に関するテーマを先生から毎回与えられ、ゼミ生が各自で調べてきた資料をもとにディベートを展開していきます。「コロナ禍での教育はどうなるのか」など、時代に即した最新の問題にも取り組みました。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス