JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

より良い福祉政策、施設経営を考える

福祉経営コース

福祉経営・政策・制度を学び、より良い施設経営を考える

社会福祉は数多くの制度で構成されています。本コースでは、その成り立ちや歴史を理解するとともに、福祉サービスを必要とする人々に起こっている問題や課題を把握し、その解決を支援するために必要な、法・経営・計画・政策について、具体的な改善方策を考えます。

今起こっている問題を考え
時代のニーズに応えられる人材へ

時代のニーズに応えるものへと発展させていくために、福祉計画の策定、施設のより良い経営や管理はもちろん、サービス利用者への情報提供、利用援助、権利擁護等の、まさに今、重要視されているテーマについて学びます。利用者の現実を分析的に捉え、求められるシステムを構築・運営できる人材を育てます。

想定される職場・職種

公務員(福祉職・一般行政職)/社会福祉法人(企画・運営職)/社会福祉協議会福祉活動専門員/
福祉関連企業(総合職)

モデル別履修科目

  • 福祉経営履修モデル

    福祉サービスを必要とする人々の問題を把握し、その解決に必要な法、経営、計画、政策について、実施上のシステムなどを含めて学習。福祉サービスが措置から契約・利用制度へ転換するなか、利用者への情報提供など重要となるテーマも学ぶ。

  • 福祉計画学科4年 福祉経営コース
    福岡県立京都高等学校出身

    城戸 善之助さん

  • 幅広い視野を身につけて
    より良い支援とは何かを
    常に考えていきたい

    3年次の「相談援助実習」では、さまざまな施設や家庭訪問などを通してソーシャルワーカーの役割や業務について学びました。その中で、今ある状況とその背景までをトータルで考えたうえで支援することの大切さを感じました。常に学ぶことを忘れず、より良い支援を考えられるような人になりたいです。

  • 地方自治論

    地方自治体をめぐる中央集権から地方分権の動向、三位一体改革、市町村合併がもたらした影響などを学び、公務員制度改革やNPM型行政改革などの進展をふまえて今後の地方自治体のあり方を考えます。

  • 社会学

    さまざまな人の集まりや、つながりを扱う「集団学」としての社会学の基本を、家族、地域社会、NPOという3つの具体的な集まりを用い、「社会の互助扶助機能」と関連づけながら学びます。

  • 意見交換を通して
    自身の考えと
    学びを深める

    福祉政策論や地方自治体における新公共マネジメントが専門の村田先生のゼミに在籍しています。将来は地方自治体の行政職員として、福祉の視点を持って地域について考えていきたいです。

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス