JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE5 低所得者福祉分野 経済的困難を抱える人の就労と安定した生活を実現する

信頼関係の構築と
他機関との連携で
一人ひとりの人生を
支援していくこと。

紺野 優さん

板橋区役所 福祉部 赤塚福祉事務所勤務(東京都)

2016年 福祉計画学科 福祉経営コース卒業
■取得している資格:社会福祉士

生活上の困難を抱えた人に
自立の道を開いていく。

大学1年生のときから携わっていた、生活保護受給者と関わりがあるアルバイト。3年次では福祉事務所での実習。これらの経験から生活保護分野に携わる機会に興味を持ち、生活保護のケースワーカーを志望しました。現在は、担当地区で生活保護を申請された方に対し、調査に基づいた保護の決定をはじめ、必要な保護費の算出や窓口での生活相談など、被保護者の生活へ多岐に渡ってアプローチする仕事をしています。また、生活状況と課題を把握することにより、生活上の困難を抱えた方々に対し、適切な支援サービス等につなぐなど、少しでもその方が自立へ向かえるように支援を行っています。

生活保護は最後のセーフティーネット。

業務の中で特に大切にしていることは「信頼関係の構築」と「他機関との連携」です。ある日、生活の見守りがなく誰にも助けを求められなかった高齢者が、もう少し発見が遅ければ命を落としていたかもしれない事例に関わりました。それまでの自分は、何事も一人で抱え込みがちでしたが、この事例では他機関の方々からのアドバイスや連携を図ることにより、より良い支援につなげることができました。今では他の生活保護受給者に対しても、さまざまな機関が持つノウハウを活用し、支援の幅を広げていくよう努めています。また生活保護は最後のセーフティーネットと呼ばれており、その役割の多くをケースワーカーが担っています。この事例は生活保護受給者が誰にも頼ることができなかったことが原因でした。セーフティーネットとしての機能を発揮するためには、より良い信頼関係を築くことが不可欠です。そのため、日頃から、より話しやすく相談しやすい雰囲気づくりを意識しています。

大学時代だからこそさまざまなチャレンジを。

日本社会事業大学の魅力は、日本の福祉政策に関わっている先生方が数多く在籍していることです。また、座学はもちろん、さまざまな社会資源に触れる機会も多いです。学生時代に実際に見聞きしたことで「このケースの場合は、どの機関に相談・利用すれば良い」などという判断や見極めがケースワークに役立っています。また、大学生だからこそ友達と遊んだり、旅行に行ったり、サークルに没頭することも大切にしてほしいです。それは福祉だけにとどまらない多種多様な経験が、実際の受給者との関わりで役立つと感じるからです。貴重な学生時代だからこそ、人間としても成長できるよう、さまざまなことにチャレンジして有意義に過ごして欲しいです。

※掲載情報は2017年度の取材当時のものです。

立場や背景を考えながら
必要な支援を必要な人に
届けたい。

吉井 稔さん

中核地域生活支援センターさんネット
生活困窮者自立相談支援事業 リンクサポート勤務
(千葉県)

1999年 児童福祉学科 卒業
■取得している資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、介護支援専門員

必要な支援のための
顔が見えるネットワークづくりを推進。

生活のしづらさを抱えた人たちへの支援を中心としたNPO法人を設立し、生活困窮者自立支援事業における主任相談支援員として勤務しています。また、千葉県中核地域生活支援センターの地域総合コーディネーターとして、包括的な相談支援活動や地域づくり活動も行っています。
現在は、各分野で新しい支援制度ができるたびに相談支援機関が新設されるため支援が充実しているように見えますが、その反面では地域住民だけでなく相談支援機関同士でも、一体どんな活動をしているのかが見えにくくなってきています。そのため、それぞれの顔が見えるような横のネットワークづくりにも力を入れています。

福祉の枠を越えて一人ひとりを支える。

さまざまなご相談をお受けしていく中で「相談者自身にはなれないけれど、相談者の立場に立ってあらゆる努力をしなければ!」と感じることが多々あります。例えば、明らかに障がいが認められる方でも、ご自身が障がいを受容できないため、支援制度を利用することができないといったケースがあります。そういった時でも、相談者の立場に立って、信頼関係の構築やアセスメントに努めるよう心がけています。
福祉の枠組みだけで活動しても解決できる課題は少ないように思います。多分野・多職種連携や、一人の人を救うための家庭への支援をはじめ、時には自身が社会資源となって地域社会と連携しながら、地域で支え合える環境をつくりたいです。

さまざまなことを経験して
相手を思いながら一歩を踏み出せる人に。

価値観の多様性、人生の経験値の違い、人と人の結びつきやつながり。こういったさまざまな視点がこれからの福祉には必要です。これから福祉を学ぶ人は、よく遊び、よく学び、たくさん悩み、たくさん考え、小さくても一歩を踏み出す気持ちを持つことが大切です。また、ないものは創るという実行力も重要だと思います。
一人の人生の中で、自身が関わることができるのはほんの一部かもしれませんが、その人にとってのターニングポイントにはなり得ます。地域やそこに住まう人のため、相手の立場に立って考えられる人になってほしいですね。

※掲載情報は2018年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 福祉経営コース 福祉経営履修モデル
  • 福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス