JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE4 患者支援 安心して治療が受けられる環境を整え、患者さんの不安を解消

漠然とした不安を抱える
患者さまとそのご家族を
支援していくこと。

中村 優美恵さん

公益社団法人地域医療振興協会 台東区立台東病院・台東区立老人保健施設千束勤務(東京都)

2015年 福祉援助学科 保健福祉コース 卒業
■取得している資格:社会福祉士

家族の苦労を目の前にし
医療ソーシャルワーカーの道へ。

病院と介護老人保健施設が併設された施設で、医療ソーシャルワーカーとして働いています。現在は、病院の療養病棟における入院相談から退院支援までを行いながら、外来の患者さまへの対応や介護老人保健施設への入所相談などを担当しています。
医療ソーシャルワーカーを目指すきっかけは、高校生の時のこと。祖父が入院を繰り返す中、祖母や母が苦労をしている姿を目にしたことです。自分ではどうしたらいいのかも分からず漠然とした不安を抱える患者さまと、その患者さまのために奔走するご家族の力になれる仕事に就きたいと思いました。

人に悩み、人に励まされるのが
私たちの仕事。

私たち医療ソーシャルワーカーは、初対面の方に家族構成、病歴、経済状況、困っていることといった、個人的な事柄をお聞きする必要があります。そのため、患者さまやご家族と短時間で信頼関係を築かなければなりません。より良い支援のためにコミュニケーション能力の向上は、常に必須だと実感しています。
また、他人の人生に関わることへのプレッシャーは想像以上に大きいものです。さまざまなやりとりの中で苦労を感じることは多々ありますが、自身の励みになるのもまた、人からの「ありがとう」といった感謝の言葉です。

あなたに相談して良かった。
そう思ってもらえる人でありたい。

福祉の世界では、どのケースをとっても一つとして同じものはありませんし、何をすれば正解ということもありません。どうしたらよいのかを患者さまやそのご家族とともに考え「あなたに相談して良かった」と思っていただける医療ソーシャルワーカーになるために、一層の努力が必要だと感じています。
そういった中で、日本社会事業大学で共に学び、さまざまな分野で活躍している仲間からは、自分とは異なる視点で新しい気づきやアドバイスをもらうことも多く、とても励まされています。悩みを共有できる心強い存在が身近にいることは、私にとっての財産です。

※掲載情報は2018年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

刻々と変わりゆく社会の中で
目の輝きを忘れずに
働ける環境を考えていく。

笠井 世志子さん

医療法人社団輝生会 初台リハビリテーション病院勤務(東京都)

1998年 児童福祉学科 高齢者福祉コース 卒業
■取得している資格:社会福祉士、介護支援専門員

人生を細く長く支えられる
社会の構築が急務。

回復期リハビリテーション病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務しています。今の職場で入院・外来などの担当を経て、現在は部門のチーフとして、後輩の教育研修や他部門のチーフと連携しながら法人全体の教育研修にも携わっています。
最近、特に気になる課題は、働き盛り世代や子育て世代といった、若年層の高次脳機能障害の方の就労支援、定着支援の難しさです。病気などで脳を損傷して認知機能に問題が起きた際に、働き盛り世代の場合は元の職場で以前と同じように受け入れてもらえるケースが少ないようです。また退院後は、専門機関や地域に引き継ぐものの、時間がたつにつれて支援が得られなくなったり、そうこうしている間に親御さんの介護が必要になったりすることも考えられます。社会情勢や家族の変化といった、長い人生の中から生まれる課題をどう支えていくべきか、常に頭を悩ませています。

キラキラとした目の輝きを
失わせないようサポートしたい。

時代ごとにさまざまな課題がある中、我々医療ソーシャルワーカーがいかに情熱とやりがいを持って働くことができるかはとても重要です。希望を持ち、キラキラした目で働く後輩たちが、倫理的な葛藤や価値観の違いなどで挫折を感じた時も、その目の輝きを失わないで乗り越えてもらいたい。そのためにどんなサポートをすべきかを模索しながら、日々取り組んでいます。

「福祉の世界に進みたい」
そう思えた自分に自信を持ってほしい。

高校時代に福祉の世界を目指そうと思った気持ちを大事にしてほしいですし、そんな自分に自信を持ってほしいと思っています。現在の職場には、16名の医療ソーシャルワーカーが勤務していますが、日本社会事業大学の卒業生が4名在籍しています。日本社会事業大学を卒業して活躍している人も多く、学生時代に学んだ「原点」に立ち返る場も多いですよ。

※掲載情報は2018年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル
  • 医療の分野で働きたい
    福祉援助学科 保健福祉コース 医療福祉履修モデル 精神保健福祉履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス