JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

こんな仕事がしてみたい!ソーシャルワーカーの[Real]

CASE1 高齢者福祉分野 相談や生活支援を通し、高齢者が安心して暮らせる環境をつくる

染倉 有希

個々の悩みと
その背景を引き出し
ご本人が望む方法で
支援していくこと。

染倉 有希さん

つくば市保健福祉部
地域包括支援課勤務(茨城県)

2017年 福祉計画学科 地域福祉コース 卒業
■取得している資格:社会福祉士、特別支援学校教諭一種免許状(聴覚障害者)、高等学校教諭一種免許状(福祉)、社会教育主事

マクロ(市域)・メゾ(地域)・ミクロ(個別)で
福祉を実践していく。

茨城県つくば市の地域包括支援センターで、地域住民からの生活や介護に関する相談や、介護が必要な高齢者が安心して生活できるよう援助するケアマネジャーへの協力、高齢者虐待の対応、成年後見制度の市長申し立てなどを担当しています。個別ケースでクライアント(市民・利用者など)を支援しつつ、関係機関と連携し必要なサービスにつなぎ、地域課題を政策にすることもできる行政を就職先に選びました。
つくば市は6町村が合併して生まれた市。地域ごとにそれぞれ特徴があります。一人暮らしや親族との関係が希薄な高齢者が多い地域では、将来に漠然とした不安を抱かれている方が多いように感じます。地域包括支援センターでは、医療職である保健師とペアを組んで、さまざまな悩みを聞きながら、医療職と福祉職のチームで悩みごとの背景を探し出し、ご本人の希望を実現し、安心して生活できる環境に支援していくことが我々の役目です。

支援を押し付けるのではなく
望む生活を引き出すこと。

将来に漠然と不安を抱える方の中には、複数の疾患を抱えて受診がすぐに必要な状態にもかかわらず、年金が入るとすぐに使い切ってしまう方や、何度も福祉や介護サービスの利用を勧めても断固拒否をされる方もいらっしゃいます。
そのような方への支援で大切なことは、こちらが考える最善の支援を押しつけるのではなく、ご本人が望む生活を引き出しながらご本人が安心できる環境に近づけることです。

人の人生に関わる
やりがいのある仕事。

学生時代には、講義で学ぶ「理論」と、実践で体験した「現実」の両方の視点を養うことが必要だと思います。日本社会事業大学の学生たちが力を入れて取り組んでいるボランティアや福祉系のアルバイトは、座学で学んだことを体現する場として役立っていると実感しています。
世の中を見回しても、福祉の仕事ほど人の人生に深く関わる仕事はないように思います。責任はとても重いですが、その人の人生がより良く、安心して生活できる環境を整えることにとてもやりがいを感じられる仕事です。今後の目標は、あらゆる場面での生活課題の相談でご本人の強みを引き出し、適切に支援できるソーシャルワーカーになることです。

※掲載情報は2018年度の取材当時のものです。

上部へ戻る

この場に集う全ての人に
生きる喜び、働く幸せ、
そして笑顔を生み出したい。

矢島 美由紀さん

社会福祉法人マザアス
認知症高齢者グループホーム
グループホームひかわだい勤務(東京都)

1999年 児童福祉学科 介護福祉コース 卒業
■取得している資格:介護福祉士

より良い支援のために
働きやすい環境づくりを。

認知症のある方が一軒家で共同生活をするグループホームで管理者として働いています。認知症の度合いはさまざまですが、自分の家で暮らすように、その方ができることを少しでも維持できるようサポートする仕事です。一緒に食事をつくったり、掃除や洗濯をしたり、利用者さまの暮らしのペースに合わせて支援しています。
利用者さまに質の良いケアを行うためには、職員の知識や技術の向上はもちろんのこと、職員全員にここで働くことができて良かったと思っていただく環境づくりも重要です。そのため、常勤やパートといった立場に関係なく、研修や勉強会などのキャリアアップのきっかけづくりには力を入れて取り組んでいます。

全ての人の「個性」を大切に
笑顔を引き出していく。

超高齢化社会に向かっていく中、人材不足がこれからの大きな課題です。一度離職した有資格者が福祉の現場に戻りたいと思えるような体制づくりや、就労支援からの受け入れなどを積極的に行うことも必要だと感じています。
介護の仕事は「大変」だと言われがちですが、どの仕事でも同じ。我々が利用者さまに「認知症である」「介護が必要である」といったフィルターをかけるのではなく、それらを「個性」としてとらえることが大切。ここにいる人が笑顔になれるような土壌を生み出していくことが目標です。

介護の仕事に携わる喜びを
多くの人に感じてほしい。

介護の仕事は「提供すること」だけでなく、教わること、楽しいこと、癒されることなど、利用者さまから「提供されること」もたくさんあります。また、介護の仕事は目に見える対価だけではありません。利用者さまが態度で返してくださるところは大きなやりがいです。利用者さまと関わりながら支援することで、喜びやうれしさを直接感じられるのがこの仕事の醍醐味だと思っています。そういったことをやりがいに感じ、共感できる人が増えることを願っています。

※掲載情報は2018年度の取材当時のものです。

  • 相談援助の分野で働きたい
    福祉計画学科 地域福祉コース 地域福祉計画履修モデル
  • 介護の分野で働きたい
    福祉援助学科 介護福祉コース 介護福祉履修モデル

卒業後の活躍フィールド

こんな仕事がしてみたい!
ソーシャルワーカーの[Real]

日本社会事業大学の強み

日本社会事業大学の5つの特長

就職後も生涯にわたり
サポート

入試・オープンキャンパス