ホーム > 社会事業研究所の活動 > 研究事業一般 > (学内共同研究)社会福祉施策・高度先進研究事業 > 学内共同研究事業

学内共同研究事業

地域における高齢者と子どもとの個別的世代間交流活動(里孫活動)に関する実践的研究

研究代表者氏名 通信教育科 講師 永嶋昌樹
研究課題 地域における高齢者と子どもとの個別的世代間交流活動(里孫活動)に関する実践的研究
研究結果の概要  本研究の目的は、個別的かつ継続的な世代間交流活動である里孫活動の効果を検証し、世代間交流を機軸とした地域共生社会の構築モデルを確立するために、まずは高齢者と子どもとが世代を超えて交流することの効果を、里孫活動に焦点を当てることにより明らかにし、さらに、その効果を高めるための具体的な方法を検討することであった。
 里孫活動による「疑似的な祖父母-孫関係」が、高齢者の生活の質(QOL)を高め、その社会的役割を創出(再生)することができると考えたられ、また、子どもの「他者を思いやる心」を醸成し、地域社会の創生と活性化につながると考えられたからである。
 はじめの計画では試行事業を行い、その取り組みを評価する予定であったが、当初に実施を依頼していた機関から、夏季(7〜8月)は熱中症予防、冬季(10〜2月)はインフルエンザ等の感染予防のために実施の同意が得られず、実施が困難であった。そのため、計画を里孫活動の背景を探る調査に変更し、里孫活動の意向と実施状況の調査、また、高齢化の倍化速度がわが国を上回る韓国における世代間交流の状況調査を行った。
 活動の意向についての調査は、練馬区青少年問題協議会の協力を得て、同協議会の活動に際して作成されたアンケートの結果を集計,分析した。小学5年生から大学2年生までの47名から回答が得られた。
 また、里孫活動の実施状況の調査では、全国の都道府県・市区町村社会福祉協議会から262件の回答を得た。
 なお、韓国での調査では、高齢者施設2か所の見学により世代間交流活動の把握を行った。
 これらの結果として、子どもの約64%に高齢者との交流意向があると推測されること、個別的な活動の実施件数は少ないこと、韓国(ソウル市)では同様の活動が行われていない様子であることが示された。
 今回の研究結果を基に、今後についても里孫研究を継続していく予定である。
研究成果の活用

・提供予定
今年4月に採択された科学研究費基盤研究(C)の予備研究として活用する。
研究成果は、今年度の日本社会福祉学会秋季大会、または日本老年行動科学会大会等での口頭発表を検討している。
研究成果物 地域における高齢者と子どもとの個別的世代間交流活動(里孫活動)に関する実践的研究
Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

戻る

このページは研究調整事務室が担当しています



〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
COPYRIGHT © JAPAN COLLEGE OF SOCIAL WORK ALL RIGHTS RESERVED.