MENU

閉じる

閉じる


ホーム > 図書館・附属施設 > 大学附属実習施設 子ども学園

大学附属実習施設 子ども学園

子ども学園の様子

発育段階に応じたきめの細かい指導で、
発達の遅れやつまづきをもつ子どもたちのよりよい発達をサポート

日本社会事業大学附属子ども学園は、発達に遅れやつまずきをもつ子どもたちへの発達支援とその家族に対する家族支援、そしてその家族が暮らす地域への地域支援を行う児童発達支援センターです。

対象児童 東京都在住で発達に遅れやつまずきのある就学前の幼児
児童定員  30名

発達支援

指導方針

発達に遅れやつまずきをもつお子さんは、できるだけ早期から適切な指導を受けることによって、生活習慣・言語等の諸能力の発達を促し、社会性を高めていくことができます。一人ひとりの発達課題を効果的に達成するために、発達段階に応じたきめの細かい指導を行っています。

具体的な指導

子ども学園では、一人ひとりの発達課題に応えて次のような取り組みをします。

運動会指導場面子ども学園

ページのトップへ戻る

保護者への支援

お子さんの成長のためには、家庭と学園との連絡を密にすることが大切です。お父さんとお母さんが、お子さんへの理解と養育についての基礎的な知識を深めていけるようにすると共に、他の兄弟も含め、楽しい子育てができるように家庭支援を行っております。

地域支援

児童発達支援センターとして、近隣地域の保育園や幼稚園で療育的な支援の必要なお子さんに対して、保育所等訪問支援事業を行っています。
また、近隣地域のファミリーサポート事業及び育児支援ヘルパー事業等へ講師の派遣も行なっています。

実習施設

社会福祉士・保育士をめざす学生の実習施設として、見学実習をはじめ多くの学生に実習の場を提供しています。

このページは子ども学園が担当しています



ページのトップへ戻る