ホーム > 教育プログラム > 大学院社会福祉学研究科(研究大学院) > カリキュラム > 博士後期課程(博士課程)

博士後期課程(博士課程)

研究指導科目

◆研究指導科目および担当者一覧(2021年度)

研究指導科目の名称 必修単位 自由選択
単位
科目担当者
社会福祉学専門研究演習Ⅰa(1年次) 2  

教授 小田 美季
教授 小原 眞知子
教授 金子 恵美
教授 木村 容子
教授 後藤 隆
教授 斉藤 くるみ
教授 田村 真広
教授 鶴岡 浩樹 
教授 藤岡 孝志
教授 壬生 尚美
教授 森 千佐子
准教授 有村 大士
准教授 贄川 信幸
准教授 村田 文世
 

 

 

社会福祉学専門研究演習Ⅰb(2年次) 2  
社会福祉学専門研究演習Ⅰc(3年次) 2  
社会福祉学専門研究演習Ⅱ   2
社会福祉学専門研究演習Ⅲ   2
社会福祉学専門研究演習Ⅳ   2
社会福祉学専門研究演習Ⅴ   2
社会福祉学専門研究演習Ⅵ   2
福祉プログラム評価実習Ⅱ   1

准教授 贄川 信幸

博士論文指導Ⅰ(1年次) 2  

教授 小田 美季
教授 小原 眞知子
教授 金子 恵美
教授 木村 容子
教授 後藤 隆
教授 斉藤 くるみ
教授 田村 真広
教授 鶴岡 浩樹 
教授 藤岡 孝志
教授 壬生 尚美
教授 森 千佐子
准教授 有村 大士
准教授 贄川 信幸
准教授 村田 文世
 

博士論文指導Ⅱ(2年次) 2  
単位数 10    

履修方法

修了要件

 博士後期課程の修了の要件は、当該課程に3年以上在学し、研究指導科目について10単位以上を修得し、さらに博士論文を提出して最終試験に合格しなければならない。

※本大学院の博士後期課程を修了した者には、博士(社会福祉学)の学位を授与する。

(大学院学則第14条2項)

福祉プログラム評価履修コース修了要件

 博士後期課程修了要件のほか、福祉プログラム評価履修コースを修了しようとする者は、所定の単位を修得するものとする。

(大学院学則第14条4項)

 

博士論文等審査

全ての提出物は、大学院教務課が窓口となる。


1)第1次予備審査(1年生または第1次予備審査未合格者対象)

ア)申請期間 2021年12月3日(金)~12月10日(金)
イ)提出物・部数 (1)審査申請書1部、(2)研究計画書及び先行研究レビュー4部
ウ)口述試験日 2022年1月7日(金)~1月8日(土)

2)第2次予備審査(第1次予備審査合格者対象)

ア)申請期間 2021年12月3日(金)~12月10日(金)
イ)提出物・部数 (1)審査申請書1部、
(2)研究計画書、プレゼンテーションの抄録4部
ウ)口述試験日 2022年1月7日(金)~1月8日(土)

3)第3次予備審査(第2次予備審査合格者対象)

※10月末日までに博士論文を提出する予定者は10月1日(金)までに題目を届け出ること

ア)申請期間

2021年10月22日(金)~10月29日(金)

イ)提出物・部数

(1)提出届・学位申請書 各1部、
(2)博士論文(A4縦長・横書) 6部
(3)学位論文の要旨 6部
(4)英文抄録 6部
(5)研究業績書 6部
(6)インターネット公表に係る申請書 1部

ウ)公開口述試験日

2021年11月27日(土)
予備期間:11月25日~12月4日

4)博士論文最終審査、最終試験(第3次予備審査合格者対象)

ア)学位申請期間 2022年1月31日(月)~2月7日(月)
イ)提出物・部数 (1)申請提出届 1部
(2)博士論文(A4縦長・横書) 2部
(3)学位論文の要旨 2部
(4)英文抄録 2部
(5)研究業績書 2部
(第3次予備審査と同一の場合は省略)
 
ウ)口述試験日 2月中旬(省略することがある)

9月修了制度

対象者 在学期間が3年以上かつ第2次予備審査または論文提出有資格者認定試験合格者で、9月に修了を希望する者
手続 4月23日(金)正午までに本学所定の「博士後期課程9月修了申請書」 を提出する。
1 9月修了申請・題目届出期日 2021年4月23日(金)
2 9月修了博士論文 論文提出期間 2021年5月24日(月)~31日(月)
3 9月修了博士論文 公開口述試験 2021年6月19日(土)
4 9月修了博士論文 最終審査申請期日 2021年9月1日(水)
5 9月修了博士論文 要旨提出締切日 2021年9月29日(水)

教員



〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
COPYRIGHT © JAPAN COLLEGE OF SOCIAL WORK ALL RIGHTS RESERVED.