JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

研究と現場をつなぐもの リアル研究対談 教員×院生 現場の実践課題が研究テーマとなり、研究成果が即、実践を変える専門職大学院ならではのリアルな学びに迫ります。

対談01

  • 古屋 龍太 教授(左)

    主な研究分野

    精神保健領域のソーシャルワーク、主に
    長期在院精神障害者の地域移行支援など

  • 栗木 美代子 さん(右)

    1年履修

    東京都江東区
    教育委員会勤務

学校組織の一員として
SSWが果たす役割を考察

栗木:教育のなかで福祉的視点を持ったスクールソーシャルワーカー(SSW)になりたいと現職に就きました。業務の中で特に苦慮したのが、教師の方々にSSWの仕事の内容や意義を理解していただくために、自身が何をどう伝えればいいかわからなくなったことです。これが専門職大学院への入学を考えるきっかけでした。

古屋:SSWは、不登校、貧困、児童虐待、いじめなどが入りくんだ、大変難しい仕事です。一方で教師と保護者との間に相談支援が入ることで、課題解決の方法や可能性も拡がります。問題を可視化した上で、改善に向けて“舞台を回していく力”が必要ですね。

栗木:おっしゃるとおりです。研究では、学校の先生方にご協力いただいたアンケートやインタビュー調査を考察することによって、SSWが学校組織を効果的に機能させ、どのように個別支援へとつないでいくかを考えましたが、とても苦戦しました。

古屋:1年間という短い期間で、よく頑張られたと思います。

栗木:学校組織のマネジメントについて学ぶことができたのは大きな収穫でした。今後、学んだことをどう活用するかは私次第ですね。

古屋:栗木さんは今の仕事だけで終わるような人ではありませんし、"定年"などないのだろうと思います。1年間の学びを活かして、栗木さんらしい新しい支援の形を生み出して欲しいです。

対談02

  • 曽根 直樹 准教授(左)

    主な研究分野

    障害者相談支援、意思決定支援、
    障害者虐待防止、成年後見制度など

  • 森 照美 さん(右)

    2年履修

    社会福祉法人東京援護協会勤務

自分自身に向き合い
繰り返す苦しさの構造を明確にする

森:障害者福祉の分野に20年ほど従事してきましたが、自身の力量の無さに悩むことは尽きませんでした。自己研鑽にも取り組みましたが、正論を学べば学ぶほど実際の支援との乖離をより感じるようになり、自身の実践をもっと広い視野の中で見つめたいと考え、進学を決意しました。

曽根:入学当初の研究テーマは「よりよい支援のための研修プログラムづくり」でした。実践での悩みが増えてきたことから、テーマを「私の当事者研究 自分自身でともに」に再設定しましたね。

森:多くの人の協力を得ながら自身の理解を深め、解明し、「自分の専門家」になることを目指しました。職場や実践現場で疑問や葛藤が生まれる時、いつもそこに自身の思考の癖があること、その癖の根本に自身の原家族体験があり、無意識に隠してきた自分の弱さがあったと気づいたことは大きな収穫です。曽根先生には、「どうしてそう思うか」「なぜそう感じたのか」と、深く深く内省を促されることも多々ありました。

曽根:自分に向き合うことは辛いことも多いのですが、大切なことです。そのサポートが私の役割だと思ってきました。

森:先生との対話、院生同士での対話が、視点を変えるきっかけになりました。何においても対話は必要です。対話で相手が見ている世界を理解できるような実践者になることを目指します。

※掲載情報は2018年度の取材当時のものです。

  • 2020年度アーカイブ
  • 2019年度アーカイブ
  • 2018年度アーカイブ
  • 2017年度アーカイブ
  • 2016年度アーカイブ
  • 2015年度アーカイブ