JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

研究と現場をつなぐもの リアル研究対談 教員×院生 現場の実践課題が研究テーマとなり、研究成果が即、実践を変える専門職大学院ならではのリアルな学びに迫ります。

対談01

  • 鶴岡 浩樹 教授(左)

    主な研究分野

    地域医療、在宅医療、多職種協働、
    福祉人材育成、EBM

  • 伊藤 佳世子 さん(右)

    2年履修

    社会福祉法人りべるたす 勤務
    <実践研究テーマ>
    常時介護が必要な重度身体障がい者の就労支援
    〜在宅就労するための環境調整シートの開発〜

実践研究と省察で自己の思考回路を改善
専門職大学院で身障者の就労支援に着手

伊藤:介護事業を設立後、社会福祉法人を運営するうちに経験と理論に基づく経営がしたいと考え、福祉理論を学びたくなりました。相談支援専門員でもあるので、「専門職」と「経営」を同時に学べる本大学院へ進学しました。

鶴岡:伊藤さんの立場なら、経営やマネジメントなどを学ばれると、ご自身の自信や強みにつながるでしょう。

伊藤:はい。2年間で経営マネジメントを学びながら、福祉経営について自分なりの筋道が立ちました。また、先生や仲間の対話からリフレクション(省察)し、「自分は今、何をなすべきか」という観点で物事を捉える思考を修得しました。おかげで、自分や自法人を客観視でき、自信が持てるようになりました。

鶴岡:専門職大学院の学びと実践研究の成果だと思います。伊藤さんの実践研究は、ALSのような人工呼吸器をつけた重度な方をどのように就労に導くかというのがテーマでした。答えのない難しい課題ですが、伊藤さんならではの実践研究ができましたね。

伊藤:まだ途上ですが、入学後に就労支援の事業所を立ち上げて、雇用も集まりつつあり、授業でもらったアイディアが実り始めています。働きながら熟考を重ねる濃密な2年間でしたが、トライした価値は非常に大きかったです。

対談02

  • 木戸 宜子 教授(左)

    主な研究分野

    地域を基盤としたソーシャルワーク、ソーシャルワーク理論

  • 半田 水穂 さん(右)

    2年履修

    独立行政法人 地域医療機能推進機構 埼玉メディカルセンター 勤務
    <実践研究テーマ>
    患者の長期療養生活支援に向けて
    ~急性期病院における入退院繰り返しの状況をふまえて~

ゼミの討議で実践内容の言語化
根拠のあるソーシャルワークの実践へ

半田:以前、本学通信教育科で精神保健福祉士養成課程を受講し、現場で働き、実践しながら学ぶことの醍醐味を知りました。大学院への進学理由は、急性期病院のソーシャルワーカーとして日々の実践内容の意味を理論的に理解し、更に仕事への自信につなげたいと思ったためです。

木戸:専門職大学院の院生には、半田さんのように自己の実践の妥当性を見出したい、意味づけをしたいという人が多いですね。

半田:急性期病院の入院期間は短く、患者さんやご家族の考える退院時期や退院後の生活には齟齬が生まれ、支援の課題を感じていたので、そこに実践研究の焦点を当てることにしました。

木戸:最初は課題や問題意識が漠然としていましたが、ゼミでのディスカッションなどで言語化・焦点化に取り組み、実践研究テーマを見出しましたね。

半田:はい。ゼミの仲間や木戸先生の言葉から自分なりに熟考を重ねていき、問題の本質にたどり着きました。以前は、目の前にある課題の解決に終始していましたが、実践研究を通じて、患者さんの療養生活も見据えた支援ができるようになり、医療チームへもソーシャルワーカーの視点を言語化して伝えられるようになりました。今後も、根拠のある多職種協働のソーシャルワークを実践していきます。

※掲載情報は2019年度の取材当時のものです。

  • 2020年度アーカイブ
  • 2019年度アーカイブ
  • 2018年度アーカイブ
  • 2017年度アーカイブ
  • 2016年度アーカイブ
  • 2015年度アーカイブ