JCSW 日本社会事業大学 Japan College of Social Work

  • 色変更
  • 標準
  • 文字サイズ

サイトマップ

修了生インタビュー

1年履修

2019年3月 福祉マネジメント研究科
15期修了生
社会福祉法人 江戸川菜の花の会「まある」相談支援事務所 勤務

杉田 泉さん

現場の課題を
大学院での学びで
乗り越える

私の研究テーマは「意思決定支援」。普段の仕事は主に障害者総合支援法に基づく相談支援で、意思決定が重要な課題となります。周囲の「強い思いや願い」が、障害者本人の意思の尊重を阻害する危険性があるからです。難しくもやりがいのある仕事で、対等性や水平性の保持、事象を俯瞰的に見る、システムで考えることなどを学び、今後はこの学びを実践の場で活かし、先につなげていきたいと思います。先生方の授業スタイルから、事業所内・多機関連携の知見を得ることもできました。

時間のやりくり方法

早起きで集中

普段は3時半起床で、勉強やレポート作成を行っていました。頭がすっきりとしている時間なので、仕事の後よりはかどります。また、通学の日はやりくりしても業務のやり残しが生じるので、職場の仲間の協力を仰ぎながら、なんとか仕事と両立をしました。

2年履修

2020年3月 福祉マネジメント研究科
15期修了生
SOMPOケア株式会社 勤務

早川 伸夫さん

成功体験を
理論的にできたことが
大きな収穫

高齢者介護事業を展開する会社で、施設のマネジメントを担当しています。専門職大学院で介護福祉のマネジメントを学べると知り、進学を決意しました。介護福祉は複雑性が高く、成功事例の横展開が難しいと言われています。要因は個々の成功体験が属人的で言語化しにくいことにありました。授業では、他業種で現役の方々とのディスカッションや事例検討を通じ、考えを大きく広げることができました。また、マネジメント理論を学ぶことで、個々の成功体験を理論的に説明できるようになりました。

時間のやりくり方法

仲間たちの協力で

17時に職場を出る必要がありましたので、職場の理解は絶対に必要でした。幸い、職場の上司や同僚は私の業務調整をしてくれて、気持ちよく学ばせてくれました。仕事と学びを両立させるポイントは、職場の理解と仲間を作ることだと思います。

1年履修

2020年3月 福祉マネジメント研究科
16期修了生
千葉大学医学部附属病院 勤務

前所 悦子さん

課題は多職種連携
様々な専門職の話が
課題解決の糸口に

大学院での研究テーマは「医師・行政・母子支援専門職と連携する特定妊婦支援」です。私の仕事は特定妊婦に関わる助産師で、特に多職種連携の困難が課題。実際に様々な専門職の方々にインタビュー調査を行ったり、学会や研修会にも参加し、専門職の価値や対人支援の理論・方法などを学んだおかげで、職場の業務改善や課題解決を計画的に実行することができました。なにより、メディカルソーシャルワーカーの方と良い関係を築くことができたことは収穫でした。

時間のやりくり方法

子どもと一緒に勉強

家庭と学業の両立には悩みましたが、3人の子どもが大学生になる時期まで待ち、進学しました。子どもたちといっしょにお互い励まし合いながら、課題やレポートに取り組んでいる時間が幸せでした。

2年履修

2018年3月 福祉マネジメント研究科
14期修了生
宮城県中央児童相談所 勤務

中川 恵子 さん

複雑化する
児童問題に対応できる
人材を育てたい

児童相談所の所長を勤める中で、高い専門性を持つ職員をどう育て、組織を支えていくか省察したいと思い入学を決意しました。児童相談所の組織特性や管理者である所長のあり方について調査・分析することで、これまで感じていた問題点が明確になったり、各地の所長へのインタビューで有益な話をたくさんうかがえたことは大きな収穫でした。また、児童分野以外の制度や動向についても知識を深めることができ、現在の仕事をしていく上で物事をより多角的にとらえ、検討する「手がかり」が増えたと感じています。

時間のやりくり方法

制度を活用して

自宅が遠方であることや仕事の性質上、両立は無理と判断し、職場の自己啓発休業制度を活用。実践研究に必要な時間をしっかり確保し、学校のカリキュラム以外の事例検討会や施設見学などにも数多く参加するなど充実した学生生活を送ることができました。

※掲載情報は2019年度の取材当時のものです。

  • 2020年度アーカイブ
  • 2019年度アーカイブ
  • 2018年度アーカイブ
  • 2017年度アーカイブ
  • 2016年度アーカイブ
  • 2015年度アーカイブ