ホーム > 入学案内 > 学部入試 > 入学試験における感染症等への対応について

入学試験における感染症等への対応について

本学で行われる2021年度入学試験の全入試区分において、以下の場合は受験することはできません。
いずれの場合も追試等の特別措置、入学検定料の返還は行いません。

①学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症(新型コロナウイルス感染症、インフルエンザ等)
  に罹患し、試験日までに自宅待機を解除されていない場合

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者として特定され、試験日までに自宅待機を解除されていない場合

②新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者として特定され、試験日までに自宅待機
  を解除されていない場合

ただし、以下の3つの要件を満たす場合に限り受験を認めることとします。

ⅰ) 初期スクリーニング(自治体によるPCR検査及び検疫所における抗原定量検査)
     の結果、陰性であること

ⅱ) 受験当日も無症状であること

ⅲ) 公共の交通機関(電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船等)を利用せず、
     かつ、人が密集する場所を避けて試験場に行くこと

※上記の全ての要件に当てはまり、受験を希望する受験生は試験日前までに、入試広報課へ
   申し出ること。(2020年11月5日改訂)

③試験当日の検温で37.5度以上の発熱が確認された場合
 

ただし、一般選抜(前期日程)を上記の理由で欠席した場合については、その事実を証明する保健所や
医師の「診断書(証明書)」等の提出によって、一般選抜(後期日程)へ試験を振り替えることができます。
詳細は入試広報課へご相談ください。
 

【感染症予防に関係する受験についての注意事項】

  ①発熱・咳等の症状がある場合は、あらかじめ医療機関を受診してください

  ②試験当日に体調不良がある方は、試験監督者に申し出てください

  ③試験場内では昼食時を除き必ずマスクを着用してください

  ④試験室への入退室を行うごとに手指消毒を行ってください

  ⑤付添い者控室は設けません

  ⑥昼食は試験室内の自席でとってください

  ⑦ごみは各自持ち帰ることと、特に、使用済マスクは試験場内で廃棄しないでください

  ⑧日常から、手洗い、手指消毒、うがい、身体的距離の確保、3密の回避等により各自感染防止に努め、
     体調管理に十分注意してください

  ⑨上記のほか、大学のホームページ等でお知らせしますのでご留意願います

2020年10月16日
 

このページは入試広報課が担当しています



〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
COPYRIGHT © JAPAN COLLEGE OF SOCIAL WORK ALL RIGHTS RESERVED.