ホーム > 入学案内 > 受験上の配慮について

受験上の配慮について

 本学では、障がい等のために受験に際して配慮を希望する志願者に対し、障がいの種類や程度にあわせて、試験の内容および受験に関する環境上の配慮を行っています。

<配慮の例>
 点字による受験・試験時間の延長、別室受験、試験室内付添者の付与、手話通訳者の付与、その他障がいの種類や程度ごとの配慮。

  1. 受験に際し、配慮を必要とする場合には、準備の関係上必ず、出願開始日の1ヶ月以上前に所定の申請書を提出し、必要に応じてご相談ください。 (問い合わせ先:入試広報課 042-496-3080)
  2. 聴覚障がい者選抜で出願する場合も出願開始日の1ヶ月以上前に配慮申請書の提出が必要です。 
                                                                                            上記の申請のない場合は、受験上の配慮ができない場合があります。また、本学としては、施設等の改善に努力していますが、すべてのご要望に対応できるとは限りません。入学後の学習・学生生活については、必要であれば事前に相談してください。なお、個人情報の取り扱いについては、個人情報保護法の趣旨にのっとり、適切に取り扱います。以上のことは合否には関係ありません。

このページは入試広報課が担当しています



〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
COPYRIGHT © JAPAN COLLEGE OF SOCIAL WORK ALL RIGHTS RESERVED.